読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

ほとんどのブログがモバイルフレンドリーだとしたら、逆にどんなブログが「アン」フレンドリーなのか知りたい

ブログにまつわるエトセトラ

 

アドセンス収益を確認しようと思って管理画面にログインしたら、こんなメッセージが表示されていました。

Google 検索でランキングを決める要素の 1 つに、サイトがモバイル向けかどうかを示すモバイル フレンドリーの要素が含まれるようになりました。


私のブログは大丈夫かしら・・・・と思って続きを読んでみることにしました。

2015 年 4 月 21 日より、Google の検索結果のランキングを決める要素の 1 つとして、モバイルへの対応度が追加されます。この変更は世界中のすべての言語のモバイル検索に適用され、Google の検索結果に大きな変化をもたらします。つまり、ユーザーの使っている端末に適したウェブページやアプリが、従来よりも検索結果の上位に表示されるように なります。次のよくある質問をお読みになり、お客様のサイトがこの変更に対応できているかどうかご確認ください。


うーん・・・ユーザーにとって少しでも有益なサイトを検索結果上位に持ってきたい、というのが検索エンジンなわけですが、やはり今は携帯電話から検索・閲覧している人達がどんどん増えているということですね。
ブログから広告収入を得ている私にとって、アクセス数・ページビュー数は重要です。よって検索エンジンからの来訪者数は、ブログ運営していく上で常に意識しています。
今のところGoogleやYahooといったメジャーな検索エンジンからの評価は高い当ブログですが(関連記事:ニッチなキーワードで一位になった方法 - Inside the gate)、モバイルフレンドリーかどうかは気になります。アドセンスの管理画面トップではマルチスクリーン対応(PC/タブレット/携帯)に対する評価も五段階評価のうち5ですし、あまり心配することもないかなと思ったのですが、念のためチェックツールを使って調べてみました。

モバイルフレンドリーテスト
モバイル向け Google 検索結果にサイトが対応できているかどうかを確認する - AdSense ヘルプ


テスト結果:メイン・サブブログともにフレンドリー。いえぇーい。

http://www.flickr.com/photos/52005963@N00/245744537

photo by seanbjack

だけどきっとこのテスト結果は、私のブログがフレンドリーというよりは、はてなやアメブロ、ライブドアといった無料ブログはもうとっくにモバイル対応が済んでいるということなのかなぁと思いました。
じゃあ無料ブログのサーバーを使わずに、自分でサーバーをレンタルして構築されているブログはどうなんだろうと思って、プロブロガー立花岳志の"No Second Life"をテストツールにかけてみました。すると結果はこちらもフレンドリーで問題なし。

じゃあいったいどんなサイトがモバイルユーザーに対しアンフレンドリーなのでしょう。そういうサイトを作る方が今では逆に難しいのかもしれませんよ。だからきっとあなたのブログも大丈夫。

【関連記事】

Googleには媚びたくないけど、結局彼らの一人勝ちなんじゃないかと思う - Inside the gate

ニッチなキーワードで一位になった方法 - Inside the gate
アドセンスで稼ごうと思ったら、アナリティクスとの連携は必須だということがわかりました - Inside the gate