Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

米軍基地の正職員は安定しているのか(常用と時給制の違い) 


まず常用と時給制の違いについて触れる前に、給与について書きます。

一家の大黒柱が米軍基地従業員として家族を養うのは難しい

在日米軍基地の日本人従業員の給与で一家を養っていくのははっきりいって厳しいです。特殊な技能を持っていて等級の高い仕事についてもそれは厳しいようで、男性従業員達の中には、職種にもよりますが、バイトをしたり生活残業に勤しむ人達もいます。
基地の従業員は防衛省によって雇用されていても、公務員扱いではないせいか、バイトは禁止されていないようで皆堂々とやっていました。ただ正式には許可されているかどうかはわかりません。子供が二人くらいいてマイホームも建ててもバイトをせずに済んでいる男性従業員は、奥さんもフルタイムで働いていましたね。

常用と時給制の違い

正職員には二種類あります。日本語の求人サイト(LMOのサイト)で常用と書かれているのが正職員です。

f:id:usmilitarybase:20160908173730j:plain

【常用 MLCとIHA】

  1. MLC(Mastor Labor Contract):日本と在日米軍との間で締結された基本労務契約に基づいた雇用で、事務職技術職の多くがMLCです。
  2. IHA(Indirect Hire Agreement):諸機関労務協約に基づいた雇用で、接客業の多くがIHAです。

 収入だけ見ると、MLCとIHAに大差はありません。両方とも住宅手当、扶養手当、地域手当、ボーナス、退職金がありますからね。ただMLCになると公務員のような扱いになるそうです。だけど公務員じゃないみたいな。詳しいところはよくわかりません。

【時給制 HPT】

上記の二種類とは別にバイト扱いのHPTという雇用形態もあります。前出の日本語の求人サイトで時給制と書かれているのがバイト扱いのHPTです。
HPTは常用(MLC/IHA)がもらえる各種手当がいっさいなく、もらえる手当は交通費だけです。

HPTが一年契約を更新してもらえないのはこんな場合 - Inside the gate

給与だけではない。有休までこんなに違う常用と時給制

Vacation!

私が勤務していた頃の話(10年近く前)なので、今では少し変わっている可能性もありますので、あくまでも目安にしてください。
まず有休ですが、常用だと確か30日/年くらいあって、時給制だと10日/年だけです。私が働いていた施設はサービス業だったため、空母が出港して暇な時期は、この有休をばんばん使ってさっさと帰っている正職員が大勢いましたし、別に自分の仕事をきちんとやったうえでならうしろめたさもありません。

IHA・MLCは終身雇用が保証されているの?

昔は正職員の終身雇用が保証されていましたが、現在は噂によりますとIHAは3ストライクでアウトだそうです。あくまでも噂ですよ。

例えば人格が破綻しているIHAの従業員がいて、同僚や顧客とトラブルばかり起こしていたとします。そしてその従業員の同僚が上司に相談をしたとします。それが3回(それぞれ別の従業員による。同じ従業員からの相談x3回ではない)に達すると切られるという噂。

私が聞いたケースでは、3ストライクでベース内の他の施設へ飛ばされた人がいます。
その飛ばされた人は異動先で「俺、前の勤務場所で人間関係に苦しんで・・・・」と嘘をついて被害者面したそうですが(爆)、既に新天地では「問題があって飛ばされてきた人」というのは知られているので、嘘はばれています。恥ずかしいですよね。

1ストライクでアウトになった人達(IHA)

1ストライクでアウト・・・。もう何が原因かは想像できますよね。金絡みかセクハラは一発でアウトです。
私が知っているのはお金のことで解雇された人達です。そこで働いていてレジ操作に詳しかったからこそ、売上金を操作することができたわけですが、ごまかして手に入れたのは200ドルですよ・・・・。200ドルのために職を失ったのです。ばかだねぇ。

関連記事

insidethegate.hatenablog.com