読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

寡黙なオフィサー その魅力の秘密(3)

アメリカ人

寡黙なオフィサー、モレッティさんの魅力は、夫婦で並ぶと魅力が増すところ。いい女を選んだということが、モレッティさんをより魅力的に見せたのです。
奥様があまりネイビーワイフっぽくないんですよね。じゃあ典型的なネイビーワイフってなんだよって言われると長くなるのでまた他の記事に書きますが、とにかく洗練された大人のカップルという感じ。
black tieのパーティーの時の写真なんて、うっとりしてしまいました。

子供が産まれて開けた道

baby girl

クロエちゃんが産まれて一旦はあきらめた奥様のキャリア設計ですが、実はそのキャリアよりも素晴らしいものを奥様は見つけたのです。
例えばクロエちゃんの画像をFBにアップすると、クロエちゃんが来ている洋服への質問が絶えませんでした(可愛い子が着るとやっぱり違う)。そこでそれをきっかけにビジネスを立ち上げてうまくいったのです。
その結果大忙しになってしまいましたが、モレッティ氏が全面的に家事・子育てをサポートしていました。

スタイルや美学を共有できる同士

夫婦になったら男と女ではいられなくなります。家族になって、日常生活を繰り返すのですから、当然飽きます。そして非日常の刺激を求めて行動に移してしまう。それがバレて修羅場を迎える夫婦のなんと多いことでしょう。
話が脱線しましたが、異性として飽きた後に残る物は、居心地の良さだったり、あるいはともに人生を歩む中で強めた絆や相手への敬意です。
モレッティ夫婦はそれらの他に、美学、スタイルを共有していたように見えました。

Let the bokeh in your heart! 45/366

辻仁成さんの「やっと会えたね」みたいなもので、あらゆるものに関する趣味のよさや洗練を備えた者同士が出会って、やっと自分自身を持て余さずに済む相手、同じレベルで共鳴しあう相手に巡り合えたという感じ。憶測ですよ。
黒やベージュといった地味になりがちな色も、夫妻が着ると、不思議とカラフルに見えたのは、見た目のよさももちろん関係していたけど、スタイルがあったからでしょう。
そんな二人の一粒種の可愛いクロエちゃんでしたが、全身イオンでコーディネートの時もありました。それでも目立つ。ただ可愛いだけじゃない何か=ご両親から受け継いだもの=tasteの良さとかclassがあるんだろうなと思いました。

寡黙なオフィサー その魅力の秘密 - Inside the gate