読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

アイラインは引けばいいというものではない、という例

ライフハック

(キャリーを演じる)サラ・ジェシカ・パーカーの鼻が6インチくらい長く見える」と動画のコメントにもあるように、アイラインの引き方をはじめとするアイメイクのしかたによっては、顔の気になる部分を目立たせてしまいます。


キャリーの顔、確かに怖い。魔女っ鼻が強調されてしまうからでしょう。
アイラインのひき方で気をつけるべき点をまとめたわかりやすい動画をご紹介します。

アジアンビューティー達によるmakeup tutorial videos - Inside the gateという記事でもご紹介したTina Yong先生再登場。


Tina先生もやはり茶色いアイラインをすすめていますね。

また、DON'TSの方をやっちゃっている人は多いですよね。国籍、年齢にかかわらず・・・。
ベースで時々見かける不思議なDON'TSがあるのですが、それはなぜか下瞼のみに極太&漆黒のアイラインを引くというもの。
私が見かけたのは白人女性とブラジル人女性(日系っぽい)。あれは怖い。目の存在を強調するという目的は果たせているけれど、見つめていたい目かっていったらNo.ですよ。メイクアップってより美しく見せることが目的なのに、他のパーツとのバランスを軽視することによって、損をしてしまうという例でしょう。メイクアップにかけた時間が無駄になってしまっている。

関連記事:なぜ小さな目、細い目には茶色いアイライナーがよいのか - Inside the gate