Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

アメリカ人男性(CIV)に日本人女性が宙ぶらりんにされる理由


横須賀基地周辺の男と女に関するあるあるです。

婚約までして結婚に至らないというのは、日本人同士ではあまり聞きませんが、アメリカだとThey broke it offといった感じで時々聞きます。所詮口約束なんですよね、婚約って。で、横須賀基地周辺のアメリカ人男性と日本人女性のカップルの場合、この婚約中のまま宙ぶらりんにされてしまい、そのまま婚約解消というケースも時々見かけます。そこで宙ぶらりん(キープされる)理由をあげてみます。

f:id:usmilitarybase:20180318234814j:plain

(婚約中のステイタスを公開したがるのは、なぜか女ばかり)

別れられない理由1 二人暮らしは経済的

婚約という言葉を餌に日本人女性を宙ぶらりんにするのはたいてい安月給の民間人(CIV=civilian)です。逆に現役の将兵達(Active duty)にとって、婚約は百害あって一利なしです。将兵らはCOLA(Cost of Living Allowances)をしっかりもらっていますから、E4以上になれば自分の懐はほとんど痛めることなく、まるでホテルのようなバスルームのある大きな家に住んで日替わり/週替わり定食状態で違う女を連れこめる生活だってできるわけです。

関連記事:単身で来日している米軍関係者との恋 「もしかして私って現地妻?」と思ったら思い切って聞いてみよう - Inside the gate


こういう生活が日本人の税金で支えられていると思うと腹が立つでしょうが、話をすすめます。

US Naval Academy Class of 2012 [Image 1 of 5]

CIVは大きくわけるとNAFGS、そしてContractorの3つになりますが、独身男性の比率の小ささもCIVの特徴と言えるでしょう。その中でも安月給の男性は、やはり一旦日本人の彼女と同棲を始めてしまうと、経済的な理由からシングルになかなか戻れないものです。だからこそなかなかプロポーズしてくれないことにしびれを切らした彼女が「別れてやる!」とぐずると、しょうがねぇなぁという感じで将来を約束してしまうのです。でも彼らもずるいから婚約してとりあえず落ち着かせて、 they'll keep looking for a better one, or...THE ONE. でも女としてはこういうCIVにTHE ONEとして選ばれて、名ばかりの婚約者から乗り換えられても嬉しくないですよね。
ただCIVでもGS12くらいになると経済的余裕も出てきます。GS14あたりになれば横浜の山手や本牧あたりに暮らして、Thrash ZoneやらSVBで美味しいビールを楽しみ、どぶ板にはまず近づかないでしょう。でも彼らはほとんど妻帯者。

別れられない理由2 日本で暮らす以上日本人のガールフレンドは何かと便利

不在配達通知票を見せて再配達の依頼をしてもらったり、「〇〇ってどこに行けば買える?」ということもすぐにわかる。やはり日本人のガールフレンドの存在は便利なのです。出勤して日本人の同僚に尋ねることだってできますが、やはり(半)同棲しているガールフレンドが一番気兼ねなく頼ることができるでしょう。

別れられない理由3 異国でシングルは寂しい

安月給のCIV達はたいてい中年です。ぴちぴちの若者はまずいません。だからやはり中年男の寂しさからか、シングルではいられないのでしょう。それになんだかんだいってアメリカ人の背景には、パートナーがいないと何かと不都合なカップル文化があります。
様々なものがカップル単位での参加を前提に催される文化の中では、よほど嫌いにならならない限り、ガールフレンドはキープしておくのが賢明で、私も異論はありません。でもすごいなぁと思うのが、アメリカンというだけで、冴えない中年男性でもちゃんとガールフレンドができるんですよね。

以上、日本人女性達がキープされてしまう理由の一部でした。

関連記事