読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

勘違い国際人



『歌唱王』で安藤美姫が自分語り連発、司会の内村光良は「全部自分に置き換えるね」と苦笑い


安藤美姫さんが勘違い国際人だと言っているわけではないのです。そのことに関するツイートの中に勘違い国際人がいたのです。

http://www.flickr.com/photos/51035555243@N01/17097915745

photo by Thomas Hawk

問題なのは、主語が一人称だったことではない。何を振られても自分の話にすりかえてしまうことが問題なのです

安藤さんは「歌唱王」に出演した際、参加した一般人の方々の歌唱についてコメントを求められても、その人達のことには触れずに「私は~」「私の~」「私も~」と自分の話ばかりしていたそうです。
オンエアを見ていないので(YouTubeでもなぜか動画が見つからない)、スタジオの冷え込み具合もわかりませんし、どのくらいミキティーの自分語りが度を越したものだったのかは想像つきません。

この時の安藤美姫さんのように、何を振られても自分の話にすりかえてしまう人は、会話のキャッチボールができない人です。私は安藤さんのような人が3人集まって、話しているのを聞いたことがあります。
会話になってなかった(爆)。それぞれが自分の話をしているのです。相手の投げかけたことに対して答えるのではなく、自分の話をしてしまうのです。
ですがこの安藤さんのトピックをツイートした方の中にこうおっしゃった女性がいました。もうそのツイートを見つけることができないので、うろ覚えですが・・・・。

「主語が自分で何が悪いの?だから日本人は海外で仕事ができないんだよ」

きっとこの方は世界を股にかけて活躍していらっしゃる女性なのでしょう。だけど話の論点や核心を把握する力はないようです。きっと有能なアシスタントがそこらへんはサポートしてくれているのでしょうね。

Me, me, me!!!と押しの強いアグレッシブな人間が国際人なの?

主語が常に自分ということそのものが痛々しいのではなく、番組で披露された歌唱には言及もせずに自分のことばかり話すことに内村氏はつっこみを入れているのです。
安藤さんは有名人だからこういう風に話題になってしまいますが、あなたの周りにも彼女のようにどんな話題でも自分の話にすりかえてしまう人っていませんか?何を話しても「あ、私もね」「私の子供もね」「うちの夫もね」っていう人。
なのにこのツイートをした方は「主語が自分」というキーワードにばかり食いついて「主語が自分だとおかしいと思う人達=自己主張ができない人達」と決めつけて、トピックの全体像が見えていないのです。

こういう人が「だから日本人は・・・・」というと、ああ久しぶりに勘違い国際人に出会ったなぁと思うのです。だいたいこういう人達は自己主張する時は言葉尻も強くてアグレッシブなんですよ。アグレッシブ=国際的だと思っているんです。うっざー。本当に教養があって国際感覚がある人はそんな恥ずかしいことしませんよ。

関連記事