Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

横須賀基地の独身貴族の中で目が離せない男性

最初に言っておきます。この独身貴族の画像はありません。貼りたいのはやまやまですよ・・・。
この男性の名前をアンドリューとします。アンドリューという名の不細工に出会ったことがないので。アンドリューは私達が暮らすマンションに暮らしている米海軍の将校で、イケメンで高身長、ランクも高く(ゆえに高給取り)、だけど自分のランクを鼻にかけているところがまったくないアラフォーの独身貴族です。白馬に乗って現れても違和感がまったくないルックスの持ち主でもあります。
米軍兵士も将校も結婚が比較的早い人が多いため(特に兵士)、アンドリューくらいの年齢で、しかもあのルックスで独身を貫いている男性はごくまれです。マンションのエントランスやエレベーターで時々会うのですが、彼に遭遇する時はあちらが女性を連れていることが多く、女性が変わるサイクルはだいたい半年に一回です。遊んでいるという風には見えないため、おそらくthe oneを探しているのでしょう。
興味深いのが、連れている女性がとにかく皆そろいもそろってplain。もうこれ以外の表現が見つかりません。皆地味で特徴がない。だから彼女がソロの時にそこらへんですれ違っても、「あ、アンドリューの彼女だ」とは絶対に気がつかなさそうです。アンドリューが隣にいないと、埋もれてしまう人。でも皆育ちがよさそうで清潔感がある。STDなんて絶対になさそう。ちなみに全員日本人女性です。
私達夫婦とダブルデートをしたことも2,3回あるのですが、その時のガールフレンドは、それぞれ正直言ってつまんねー女だなーという印象しか残らず、アンドリューの新しい彼女に出くわすたびに、前の彼女はつまらないからアンドリューに振られたのかなとかそんなことを一人で決めつけていました。
アンドリューに対しては「君のガールフレンドはとてもsweetだね」と社交辞令を言う夫も、彼がいないところでは"He could have done better...."「彼ならもっといい女でもいけるのに」と言っています。
ちなみにこれだけイケメンでステイタスもある男性(で、しかもとっても気が利く!!!いったいどんな家庭で育ったのでしょう)なのだから、何も日本人女性をガールフレンドにしなくても、アメリカ人美女が言い寄ってきそうだと思うでしょう。私もそう思ったのですが、彼は米軍基地とその周辺のアメリカ人女性にはあまりモテなさそう。だって横須賀基地にいるアメリカ人女性といえば、その多くがこんな感じなのですから。
>>日本で甘やかされたアメリカ人女性達は帰国後どうするんだろうね - Inside the gate

彼女達にとって男なんてよりどりみどりなんだから、なにもアンドリューのような年上の男性と落ち着かなくても、同年代の兵士達と気楽に遊びたいでしょう。彼女達は、咲き乱れてますからね・・・(笑)。
ちなみにアンドリューはアジ専でもジャパ専でもありません。時々いる「お行儀が良すぎて日本にいる方が落ち着く/浮かないアメリカ人」なのです。でも彼を見ていてつくづく感じるのですが、アラフォーの女性が結婚できる確率は一桁台と言われているのに対し、男性はアラフォーでも外見がよくて収入も多いと選びたい放題で、恋愛関係でも確実に優位に立てるのは、アメリカ人も同じなんだなぁということ。結婚市場価値が高いというか、男盛りととらえてもらえる。
厳しいけれどこれが現実。