読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

「アメリカ人は面接で積極的に自分をアピールする」というのは本当なのか


「アメリカ人は日本人と違って面接で必要以上に謙遜せずに、積極的に自分のできることをアピールする」という話を聞いたことがある方は多いと思いますが、それは本当なのでしょうか?


SEX AND THE CITY-THE MOVIE


多忙を極めていよいよアシスタントを雇おうと決めたキャリー・ブラッドショウがスタバで面接をしているシーンに、ジェニファー・ハドソン演じるルイーズが登場します。

キャリー:「アシスタントの経験はありますか?」

ルイーズ:「いいえ、アシスタントとして働いたことはありませんが、六人兄弟の一番上ですからどんなことでも対応できます」

この自己PRをきっかけに、会話がさらさらと流れていきます。
そう、自己PRってこういうものだと思うんですよ。延々と自慢話をして売り込むのではなく、相手が自分を欲しくなるような情報だけを簡潔に伝える。
ですからこれから米軍基地の空席に応募されようとお考えの方、どうか「私は、私は、私は・・・・」と聞かれてもいないことを話したり、的外れなアピールをして面接をする方を疲れさせないように気をつけてください。といっても今は「面接に行けたらラッキー」(=ほとんど書類審査で落とされる)な状態だそうです。

関連記事:【横須賀基地】狭き門を通った人々の共通点 - Inside the gate