読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

ベースの中の日本人村~採用されてからでは遅すぎる。応募する前に情報収集しよう

米軍基地で働く


そこは八つ墓村より怖いところ・・・・。

別に日本人社会が苦にならず、ただ安定だけを求めて横須賀基地で働こうという人にはまったく問題ありませんが、私のように日本社会に疲れてベースに逃げ込んだ人間にしてみれば、恐ろしいトラップです。

f:id:usmilitarybase:20141229032921j:plain

ゲートの向こうはアメリカです。人々はアメリカのカレンダーに沿って働きます。文化的にもアメリカ寄りの気楽さといい加減さが確かにそこにあり、オフベースで働いていた時の息苦しさが嘘のようだと、実際に働いてみて思いました。
そのいい加減さというか適当さは、日本人従業員同士で自虐的に「アメリカンクオリティだから」と言い合って笑えるようなものでした。高田純次さんの適当さのように、芸能人としての価値=個性として自覚した上で演出した面白い適当さではなく、素の状態でかなり適当っていうんですかね。

だけどベースの中でも日本人社会を作り上げて守ろうとする奇特な人達もいます。


スポンサード リンク

 

何も知らずに、そういう場所に応募して採用されて働き出してみたら「これなら日系企業で働いているのと変わらないっつーか、日系企業の方がまだいいじゃん!」と思った人、ご愁傷様です。
どこの部隊とはいいませんが、バレンタインデーには女性職員がお金を出し合って男性職員に義理チョコを配るとか、そういうことをちゃんとしなくてはいけないところがあるのです。ベースの中でまでそんなことすんのかって思いますよ。
バレンタインデーは女性から男性にチョコレートを送る日です、なんて日本人だけだって。んでもちろんホワイトデーにしょうもないものもらうんですよね。
私の職種は等級が低かったため、そろそろもう少し上の等級の仕事がしたいな、と他の仕事を探し始めた時、ここの日本人村の募集が目に留まりました。巨大な部隊です。
同僚に「ねえ、XXXの募集が出てたんだけど、知り合いいる?」と聞いてみたところ、「ああ・・・何人かいるけど、そのうち一人は十円はげできた。阿部さんみたいな人は特に向いてないと思う。あそこは日本人村だから」と言われました。
ベースのほかの施設で働く知人達に聞き込みをしてみても、あまりいい話は出てきませんでした。

「私の知ってる人、自殺したよ」
「私の友達、土下座させられたよ」

「あそこがどうしていつも募集出してるかわかる?人がいつかないんだよ」

離職率の高さは募集を一回見ただけではわかりませんから、興味のある求人情報が出ていたら、ベースで働く知人に情報をもらいましょう。

【重要】日本語の求人サイト「駐留軍等労働者労務管理機構(エルモ)」の求人一覧では、職種・必要な英語力・待遇は明示されていますが、残念ながら就労場所は明記されていません。
せっかく手間隙かけて書類をそろえ、面接に行ってみたら日本人村だった・・・ということのないように、英語の求人サイト"JN Yokosuka Region"(毎週水・金更新)で就労場所を確認しておきましょう。

確認のしかた

【横須賀基地】狭き門を通った人々の共通点 - Inside the gate を参照。(画像が多いため、PCやタブレットからの閲覧をおすすめします)

 
関連記事