Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

いい感じで「ベース臭」を漂わせている人


和洋折衷というのでしょうか・・・。 日本とアメリカのいいところだけ寄せ合わせたような日本人従業員との出会い、プライスレス。彼らとの出会いこそ、私がベースを難民キャンプとか聖地と呼んだ理由でもあるのです。

.f:id:usmilitarybase:20150107050807j:plain


ベースで働く日本人には確かにおかしな人もたくさんいます。自分のことは思い切り棚にあげていますけど、ゲートの外の一般的な日系企業では絶対に働けないだろっていう人達ですね。
だけどそういう人達じゃなくて「仕事はまじめにやるし、社会性もちゃんとあるんだけど、日系企業だとどうしても息苦しくて・・・」っていう、表面的には普通の一社会人なんだけど、実は面白い部分を隠したぶっとんだ人達って楽しいですよ。それをオフベースの日系企業勤務時代は必死で抑えていたわけです。だけどベースで働くようになってから徐々にその面白い部分が解放されて、いい感じでベース臭を漂わせているんです。
彼らの年齢や性別は全く関係ありませんが、こんな共通点があります。

1.アメリカナイズを履き違えていない。
2.アメリカの方がクール!と決めつけておらず、日本人として誇りを持っているのでアメリカ人に媚びない。

3.緩めていいところとしっかり締めるべきところを理解して働いている。
4.ファッションが日本人っぽくない(特に男性)。
5.日本人離れしている部分が多いけど、それを自ら言うことはない。

今思いつくのはこの程度です。ベースの中の日本人村みたいなところでは素晴らしい出会いは期待できませんけどね。1~5についてはまた追々詳細を書いて行く予定です。今日はまあこんなところですね。チャオ。

関連記事