読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

アメリカ人が好きなアジアンビューティーの特徴

 

「デスパレートな妻たち」の中国人ハウスキーパー役、シャオ・メイを演じたGwendolin Yeoみたいなタイプ、結構横須賀基地でも見かけます。中国系かな?ベトナム系かな?と思っていたのですが、Gwendolinさんは華僑(ってことは中国)系だそうですね。

f:id:usmilitarybase:20160522205605j:plain

(画像はXiao-Mei - Wiksteria Lane - Wikiaからお借りしました)


彼女のwikipediaによりますと、シンガポールからアメリカに移住してから多くのミスコンにも出場し、そのうちのいくつかはタイトルを獲得しています。ミスコンにエントリーしたということは自分の外見に自信があったということ。アメリカではこういう顔もウケるんだよなぁと改めて思いました。
離れている目・低くて横に広がった鼻・ぽってりした唇のコンボでも美人と言ってもらえるんですよ。Gwendolinさんだって、あのままシンガポールにいたら美人コンテストのタイトルや、女優という仕事だって手に入らなかったかもしれません。そして美人はやはり後から作られるんですよ。
圧倒的に美しく整った真性美人は別として、それほど美人ではなくても環境が変わって「あれはいい女だ」とか言われているうちに、どんどん綺麗になっていくのです。

グウェンドリン・ヨー - Wikipedia

デスパレートな妻たち シーズン1 (字幕版)

アンバランスさがウケるのか

日本、韓国、中国で綺麗と言われる女性達は、大きな目に細くて高い鼻梁、肉感的な唇とだいたい同じような顔です(特に韓国)。そして実際にそういう型にすっぽりとはまったような顔は、横須賀基地所属のアメリカ人達から見ても、やはり綺麗です。
だけど整った顔じゃなくてもアジアン・ビューティーとしてちやほやされる可能性は、以前ほどではないけどまだまだ横須賀基地にも残っています。むしろパーツごとの大きさ、他のパーツとの比率、配置のバランスがちょっと崩れている顔の方がセクシーなアジアンビューティーとして好まれるかもしれません。
私、黄金比率から程遠いわ!と嘆くことはありません。

横須賀基地であまり見かけないタイプのアジアンビューティー

 中国のフィギュアスケート選手・李子君さんのような可憐で清潔感があるタイプ

女性兵士、ネイビーワイフ達、それから日本人従業員達を見てもこのタイプはいません。
続きまして「横須賀基地に入ろうとしても美しすぎるためスパイ容疑をかけられて、ゲート通過に時間がかかりそうなアジアン・ビューティー」だと私が思う女性。

台湾人女優のスー・チーさん

f:id:usmilitarybase:20160522214005j:plain

こういうアジアンビューティーには米軍兵士、将校達皆くらくらぁっときそう。黒く輝く潤んだ瞳。トランスポーターで見せた美脚もお見事でしたね。

スー・チー - Wikipedia


関連記事