Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

「洋書がすらすら読めるようになる単語集」は探すだけ無駄だとやっと気がつきました


「洋書がすらすら読めるようになる単語集」が売っていたらいいなぁって思ったことはありませんか?
和訳も素晴らしい。だけど原書の素晴らしさには絶対かなわない。意味のわからない単語に気をとられなくなれば、原書に没頭できるようになるから、もっとボキャブラリーが欲しい・・・私は常々そう思っていて、1100 Words You Need to Knowあたりどうだろうと考えたこともあります。

だけど冷静に考えて、1100語くらい覚えたところでどうにもなりません。そしてよく考えてみたら、単語だけ先に覚えておいても、その単語が後で洋書で出てきた時にぱっと思い出せる確率は低いのです。→実際に買ってみて気が変わりました。この1100語は覚えておきましょう。レビュー記事【中級者向け】じっくり覚えたい一生ものの1100語 「大人の日常会話」に必要な語彙力 - Inside the gate

 

自分は単語だけで覚えようとしても身につかないタイプだとわかった

私は単語だけ淡々と覚えるよりも、映画や洋書の中で気になった単語をストーリーの一部として覚えた場合、ずっと覚えていられるため実際の会話の中でも使えるし、定着することがわかりました。
一冊の単語帳を覚えきるよりも、一つのお話を深く味わうことで、気になった単語・表現を積み重ねていく方が、関連付けて覚えやすいのです。

一番定着する方法は、面白いと思った映画、心に残った映画が小説をもとに製作された作品の場合、その原作を読むということ

映画を見てストーリーを知っているので、ある程度予備知識を得た状態で原作を読むことになります。するとわからない単語に遭遇しても、その予備知識と映画を見ることで視覚的に得た情報が、わからない単語の意味を想像すること、覚えることを助けてくれるのです。ビジュアルの力ってすごいですね。

【映画を見て原作を読んだ例1】

原作が圧倒的に素晴らしいけど、映画を見ていなかったら原作の素晴らしさを味わいきれなかっただろうなと思える例の一つ。やはり映画を見ることで得られる予備知識はあるんだなと思いました。

【映画を見て原作を読んだ例2】

ダメージ(字幕版)

ダメージ(字幕版)

  • ルイ・マイル
  • ドラマ
  • ¥1000

アマゾンにレビューを投稿しました。
この映画、何度見返したことでしょうか。ジェレミー・アイアンズが演じる政治家スティーブンの堕ちっぷりがすごい。破滅するとわかっていても追わずにはいられない女・アナを演じたのはジュリエット・ビノシュです。典型的なファム・ファタール系のいい女ではない彼女が演じたところがまた面白かったなぁと思いました。
原作は抑制された文体というのでしょうか、淡々と静かに綴られているのに、スティーブンがアナに狂わされていくのがよくわかりました。電車の中で読んだりせずに、ある程度まとまった時間が取れる時にゆっくり読んでほしい作品です。

【映画を見て原作を読んだ例3】

身分の違う男女の悲恋・・・ああ、ありがち、かと思いきやそうではありませんでした。
愛する女性の両親に、自分が貧乏=教養がないと馬鹿にされ、交際を反対されているのを聞いてしまった時のデューク。その時にたった一瞬見せた表情なのですが、その表情が物語ったものに心が締め付けられるようでした。青年期のデュークを演じたのはライアン・ゴズリング。
ライアンのための、ライアンによる、ライアンの映画(笑)。
原作は比較的平易な英語で書かれていますが、だからこそ英語ってこんなに美しいのかと思いました。そしてこれを読んでいて「小説を書くってこういうことか」と感動しました。
難しい言葉もひねった表現もいらない。そういうことをしなくても、読んでいる者の心をつかんだまま離さない。

ソープオペラ(ドラマ)も英語表現を楽しみながら覚えるのには最適です

翻訳版を読んでから原作を読むのはどう?

f:id:usmilitarybase:20150525130838j:plain
(左側はCaddy for Life。右側は翻訳版。レビューはざっくり「ALSと聞くとこの人を思い出します Bruce Edwards氏 - Inside the gate」で書いています)

映画を見てから原作を読むと、映画でストーリーを知っている分、わからない単語に遭遇してもその意味が想像しやすいならば、翻訳版を読んでからでも効果は同じだと思われるでしょう。実は私もそれが目当てで翻訳版→原作という順で読んだことがありますが、飽きちゃうんですよ。
映画→原作なら飽きない理由ですか?それはボキャビル目的で読んでないから。映画が素晴らしかったから、原作はもっと素晴らしいに違いない!とか「あの登場人物のことをもっと知りたい」という期待・願望を込めて読んでいるため、ちっとも苦にならずむしろ単語や熟語がすっと頭に入ってくる。
だけど翻訳版→原作の順だと、もう目的が明らかにボキャビルなので、同じ物を二度読むということに飽きてしまうんですよね。

だけど例外もあります。

これは翻訳版ではなく、ハリー・ポッターの原作を楽しむために書かれたガイドブックのようなものです。
これを読むと「この言葉や背景を知らなかったばかりに原作の意味がよくわかないし、楽しめなかった・・・・」ということは避けられるし、原作の面白さを堪能できるというわけです。こういう予備知識のまとめみたいなガイドブックなら、原作を読む前に目を通すのも効果的でしょう。
「あ、これガイドブックでこういう風に書かれていたやつだ」と思うものが出てきたら、知っているからこそ楽しめるという感覚がわかると思いますし、単語や熟語もすっと頭に入ってきますよね。

「ハリー・ポッター」Vol.1が英語で楽しく読める本

関連記事