Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

危ない日本国籍保持者がAクラという抜け道をすり抜けてこないことを祈ります 



日本人殺害テロ事件関与か 立命館大元准教授 米軍が拘束(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース

ウェブニュースはすぐにリンクが切れてしまいますので、以下に詳細を転載します。

3年前、バングラデシュで日本人を含む22人が殺害されたテロ事件に関与した疑いのある立命館大学の元准教授の男が、イラク北部でアメリカ軍に身柄を拘束されていることがFNNの取材でわかった。
イラク関係筋によると、日本国籍を持つ立命館大学元准教授のモハマド・サイフラ・オザキ容疑者は現在、イラク北部スレイマニヤにある、アメリカ軍の収容施設で身柄を拘束されているという。
オザキ容疑者は2019年3月、過激派組織「イスラム国」の最後の拠点となったシリア東部のバグズで拘束され、その後、イラクに移送されていた。 アメリカ軍は、オザキ容疑者をイスラム国戦闘員の中でも中枢に近い「重要人物」として尋問しているとみられ、今後は、その身柄の取り扱いが焦点となる。

このオザキ容疑者ですが、日本人女性と結婚し、日本国籍を取得したのはおそらくその後だと思われます。このニュースを読んで私が真っ先に思い浮かべたのは横須賀基地のクラブ・アライアンス(通称Aクラ)。
Aクラは横須賀基地のメインゲートを通ってすぐ左にある在日米軍の福利厚生施設()です。

f:id:usmilitarybase:20150522194642j:plain


過去に当ブログでも書いたように、このクラブに限っては毎週木・金・土曜日18時になると日本人専用のドアから一般客も入れます。
メインゲートを通過するよりもうんと楽に米軍基地に入れるということになります。ただしこの「手続きが楽」なところが私は心配なのです。

メインゲートを通過するための手続き

エスコート権のある人(将兵、SOFA Sponsorを持っている人、あるいは自衛隊員)に入れてもらい、ゲート前のパスオフィスでワンデーパスを発行してもらいます。必要書類を記入し写真付き身分証明書を提示して、パスの発行を待ちます。おそらくこの待っている間にオフィスでは色々調べているのでしょう(危険人物ではないか、前科の有無等)。
またベースに入ることが許可されていない国が載ったリストがあり、その国で生まれた人であれば仮に日本国籍を取得して国籍ロンダリングをしてもここで止められる可能性があります。詳しくはわかりませんが、多分パスは発行されないでしょう。
オザキ容疑者はバングラデシュと日本の二つの国籍を持っていましたが、バングラデシュ人はここでフィルターにかけられますから、ベースには入れません。テロ対策の一つです。

日本人がAクラのドアを通過するための手続き

エスコート兼のある人(将兵、SOFA Sponsorを持っている人、自衛隊員、あるいは日本人基地従業員)が簡素な台帳のようなものに名前を記入し、エスコートされる側が写真付き身分証明書を提示して日本国籍を所有していることが証明できれば「はい、Ok!」。パス不要ゆえにフィルターが甘い


ということはもしオザキ容疑者がAクラに入ろうとしたらどうなっていたのでしょうか?
オザキ容疑者が米海軍の将兵やSOFA Sponsorを持つ人間とつながりがあるとは思えませんから、彼らにエスコートしてもらえる可能性は低いといえます。ただしAクラのドアの場合、太字で強調したように日本人基地従業員もエスコート権がありますから、この基地従業員がオザキにまんまと騙されて仲良くなってしまったらのこのこ連れてくる可能性はあります。
問題はこの先です。クラブ側としては日本国籍が証明できる身分証明書があれば誰でもウェルカムなわけですから、入れざるを得ないでしょう。これ、怖くないですか?
ここでオザキの入館を拒否して「日本国籍を持っているのに人種差別だ!」と騒がれて基地に対し抗議されても、司令官としてはゲート通過が許可されないリストに載っている国々で生まれ育った背景を持つ人間の入館を拒否したクラブ側の対応を支持するでしょう。

危ない日本国籍保持者=イスラム過激派が存在する国々の出身者とは限らない

テロを考えた場合、警戒すべき日本国籍保持者は外見だけで判断すべきではないと思います。危ない日本人なんて生粋の日本人にもたくさんいるでしょう。そういう人間をクラブに入れないためにもクラブ側はエスコート権を持つ人間を制限し、信頼しているわけですが、過去にこの日本人専用ドアから入った日本人客がトラブルを起こして、ドアがクローズされる一件がありましたからね。

>>毎週木曜日のラテンナイトががらがらになってしまった理由を作った日本人女性達 - Inside the gate


クラブ・アライアンスだけでなくMWR(Morale Welfare Recreation)各クラブや映画館、ジム、それからボーリングアリーなども将兵や軍属、それから彼らの家族のための娯楽施設です。はしゃぎすぎてきゃーきゃーいったり(特に日本人女性は甲高い声で話す人が多いので)しないように配慮しましょう。

安月給でもベースで働く理由

米軍基地の正職員は安定しているのか(常用と時給制の違い) - Inside the gateという記事にMira様からいただいたコメントに返信していて、読者の方々そしてこれから当ブログを訪問されるであろう方々とシェアしたいことがあったので書きます。

Mira

アベマリア様

お久しぶりです。

横須賀基地に限らず基地の中には様々な職種があるので、それが基地で働く魅力の一つでもあるのかとは思いますが、私もアベマリア様が文中で書かれていらっしゃるように、「かなり等級の高い仕事でも民間に比べると安月給」だと思うと書かれているのには同感です。

どちらかと言えば、等級の低い仕事であれば、給与が低いというのも納得はできますが、逆に等級のかなり高い仕事で、しかもPDで書かれている応募資格がかなり高く、要求されているスキルが高いにも関わらず、下手すると大卒の初任給よりも安いのでは思われるPay Scaleでは、あまりモチベーションも上がらない気がします。


上記 のコメントに対しお返事をしていて、なぜ安月給でもベースで求職する人が後を絶たないのか考えてみました。理由は人それぞれですが、時代背景にもよるでしょう。

バブル時代

ベースの外は完全に売り手市場で給与も高く引く手数多だったはずのバブル時代。あの狂乱の時代に安月給のベースを選ばざるを得なかったということは、オブラートに包んで言えばそれなりの事情があったはずです。はっきり言うと売り手市場でも売れない人。ベースしか働ける場所がなかった人達が多かったはずですから、当然従業員のモラルも現在よりは低かったでしょう。
そういう人達がベースにとどまり続けて形成する日本人村の闇の深さよ・・・・。ああ恐ろしや。そしてその村で潰されてベースを去っていく若者達。

就職氷河期

今も続く長い氷河期にベースにやってくる人は、単純に安定を求めた人達でしょう。ドメスティックな雰囲気の人達。
ベースというアメリカンな空気の中で、アメリカナイズを間違えて解釈してしまいただの怠惰な従業員になってしまっている日本人は大勢いますし、アメリカ人と働きたくてベースにやってきた人達(ここには筆者も含まれます)もいますが、欲しいものは安定だけというドメスティック組は、オフベースでも普通にやっていけるんじゃないかなと思わせるようなきちんとした雰囲気の人が多いのも特徴です。
私がかつて一緒に働いた、仕事も気配りもちゃんとできる清楚なお嬢さん風の女性もこのドメスティック組。彼女のようにまともな人はきっとベースで働きだしてカルチャーショックを受けたはずです。だけど彼女はプロフェッショナルな人でしたから、ベースの色に染まり切ってしまった珍獣、猛獣達ともうまくやっていました。
その彼女がベースにやってきた理由は「シングルマザーだから、とにかく安定第一。自宅から近くて9時~17時で・・・と探したら結局ベースの事務職しかなかった」とのことでした。

その他 日本社会不適合者

筆者はここに含まれます。自己紹介で詳しく書いておりますが、私と同じような理由でベースに逃げ込んできた人、結構いるのではないでしょうか。

 自己紹介 - Inside the gate

 

関連記事

Tony's で起きた乱闘で重傷を負った兵士は無事なのか

HonchにあるTony'sというバー。ここで先週末か、あるいは先々週末乱闘があったそうです。このバーでは乱闘そのものは珍しくもなんともないのですが、今回はそれに関わっていた兵士が重傷とのことで問題になっているそうです。

f:id:usmilitarybase:20170523155247j:plain

知人から聞いた話ですが、このTony'sというバーはとにかくひたすら利益をストイックに追及するため、狭い店内で結構派手なケンカが始まっても、周囲の客は淡々と飲み続け、店員も知らん顔。そのghettoな感じが面白いとも思うのですが、今回はあまりの出血のひどさにさすがに店員も警察を呼んだとのこと。
客の構成としては黒人男性と日本人女性が圧倒的に多いそうですが、ただひたすら酔っぱらって騒ぎたいセイラーが集まるCLUB54と違って、客層の年齢は高めだそうです。partyしたいのではなく、chillしたいといえば伝わるでしょうか。

 

偽善者なのか頭が悪いのかそれともただ優越感を得たいだけなのか

在日米軍基地でHPTとして働き始めて三年目を迎える/迎えた皆様は、おそらく今頃憂鬱と焦りに心をむしばまれている頃でしょう。なぜならもう契約更新してもらえないのですから。三年でアウト。

insidethegate.hatenablog.com

そんなHPTに余計なひとことをいうIHAの従業員が結構いるという憤りのタレこみがありました。

「契約終了まであと〇か月だね。どうするの?」

「こんな空席が出てたよ!」
「とにかくばんばん応募しまくらなくちゃだめだよ」

どれもいちいち言われなくても、HPTの従業員達はわかっていることばかりです。空席情報なんて見ているに決まっているじゃないですか。応募しているに決まっているじゃないですか。なのにこうやって余計なことを言って焦らせる。
あなた達はHPTの人達の心にそうやってさざ波を立ててどうしたいのですか?彼らの置かれた状況を考えてみてください。外野からの雑音をありがたいと思うでしょうか?
声をかければモチベーションが上がると思っていますか?モチベーションが上がればコネがなくても競争率の高い面接に通るのでしょうか?今は同じような状況に置かれたHPTの従業員達がこぞってIHAやMLCの空席に応募するのですから、書類審査だってかなり狭き門ですよ。
外野=IHAはいつもどおり自分の仕事をやっていればいいじゃないですか。こういう風に声をかけてHPTを焦らせる人間は、偽善者なのか頭が悪いのか、それとも自分は正職員として働いていてボーナスも退職金もあるという優越感を得たいだけなのではないでしょうか。


「同情するなら金をくれ」
"That's not your business."

と言い返せないHPTの従業員の気持ちにもなってみてください。

民間人に比べて米軍兵士のデキ婚・離婚率が高い理由

データとしての詳しい数字は聞いたことがありませんが、セイラー達、そしてまともなネイビーワイフ達は「軍人のデキ婚・離婚率は民間人に比べて高いだろう」と口をそろえて言います。

兵士達に寄生して生きる女達 dependapotamus(ディペンダポタマス)

デキ婚率・離婚率が高い理由は、将来の展望をしっかりと持ち地道に努力することを放棄した女の子達が「どうせ私はろくな仕事に就けないから軍人と結婚しよう」と、安定した生活を求めて妊娠という事実を盾に結婚に持ち込むためです。そんな結婚生活が長く続くとは思えません。だから離婚率も高くなる。離婚率の高さの理由は他にもありますが、またそれは他の機会に譲ります。
彼女達にとってBAH(Basic Allowance for Housing)そしてTRICARE(軍人、退役軍人とその家族のための保険をはじめとする医療サービス)はとても魅力的です。中には妊娠せずに結婚に持ち込む強者もいますし、デキ婚だろうがそうじゃなかろうが兵士達が「はめられた!」と気づくのにたいして時間はかかりませんが、気が付いた時にはもう時すでに遅し・・・。
彼女達のように軍人の夫に寄生して生きていく女性達をdependapotamus(ディペンダポタマス)あるいは省略してdependaと呼びます。イメージ画像をシェアしますね。

(La Dependa...笑笑!!!!)

リンク先のフェイスブックのページのコメント欄にもあるように、典型的なディペンダ達はこんなにカーヴィーでセクシーではありません。働く気なし、ゆえに専業主婦希望。だからといって家事、育児をきちんとやるかというとそうではない。怠惰なせいか肥満体型が多いです。ですから上のイメージ画像は現実とはかなり違うのですが、画像全体の邪悪な雰囲気が、彼女達に骨までしゃぶられるであろう兵士達の暗い未来にぴったりといえます。
こんな画像も参考にどうぞ。

f:id:usmilitarybase:20190514011722j:plain

女性兵士に向かって「(夫達が)定期展開に出ている間、それが私達にとってどんなに大変かあなたはわかってないわ。私達を敬いなさい!」というディペンダ達。これ、決して大げさではありませんよ。「コンバットに送られたり定期展開に出ている夫を持つ私はえらい!私達だってアメリカのヒーロー!」と思っているディペンダ達は大勢います。ヒーロー(夫)に捨てられたらもう食べていけないくせにね(笑)。

ネイビーのディペンダ予備軍生息地 バージニア州Norfolk(ノーフォーク)

Norfolk is a Navy base

世界最大の米海軍の基地であるノーフォークはよくジョークにされていますよね。フェイスブックでも関連memeをよく見かけます。
このノーフォークに駐屯することになったら・・・と、ブートキャンプを控えた男の子をからかっていたのですが、どうやら女を見る目のないその男の子を心配している女性が私以外にもいたようで、彼女がこんなことを教えてくれました。以下のメッセージを読むとノーフォークの女の子達の兵士ハンティングへの本気度と寄生虫ぶりがよくわかります。

Lmfao! If he goes to VA, he will get someone pregnant or he will get and STD. I told him that before.Someone will trap him with a baby. Those bitches over there don’t play. They will take every little dollar he makes from him. He will be broke for the next 18 years.

 
「あはははは!もし彼がバージニア(ノーフォークがある州)に行ったら誰かを妊娠させるか性病をうつされるでしょう。それはもう彼にも言ってある。赤ちゃんができたという手段で誰かがで彼をはめるわ。バージニアの女達は本気だからね。彼が稼ぐ金を1ドルたりとも残さず彼から奪うでしょう。そして彼はその後18年は貧乏よ」


18年というのは、仮に二人が離婚しても子供が18歳になるまで養育費を支払い続けなくてはいけないということで18年なのだと思います。
バージニア州に暮らす多くの人々が軍事産業に関わる仕事をしていますから、そういう環境で育った人は、物心ついた頃から自分もそうやって生活していくのだろうと思いそうなものですが、ディペンダ予備軍のような女の子達は仕事に就くのではなく最初から「軍人と結婚して軍の福利厚生で生きていこう」と決めているのです。

ディペンダ予備軍につかまりやすい兵士はこんなタイプ

Urban Dictionaryを参考にするとディペンダ達は「恋愛経験のあまりない兵士のお人よしなところにつけこむ」のだそうです。

www.urbandictionary.com

(ディペンダをthese creaturesと呼んでいるw 寄生虫だけあってもはや人間扱いされていない)

私が横須賀基地で働いていた頃に見かけたディペンダの餌食は、白人男性ばかりでした。目が死んでいて「妻は憎いが子供とは離れたくない」という日々も過ぎ去ってしまい、人生に対する絶望がK点越えしている感じ。ヒスパニック系や黒人男性でカモられている兵士はあまり見かけませんでした。
なんとブートキャンプを終えた直後あるいはブートキャンプの後に入るA School修了直後に結婚する兵士もかなりいるそうです。ここまでくるとディペンダ予備軍のハンティング能力もたいしたものだと思いますね。またターゲットは兵士だけでなく、将校(オフィサー)も当然含まれます。古い映画になりますが「愛と青春の旅立ち」を見るとその様子がよくわかります。

◆過去に映画のレビュー記事を書いております

insidethegate.hatenablog.com

トラップにはまった感を漂わせているのはやはり兵士に多いです。
Urban Dictionaryを読むと、ディペンダにつかまってしまった兵士達は彼女達から逃げることをあきらめて婚姻関係を続ける人もいるそうですが、兵士達も正直なところ、結婚することで兵舎あるいは船から脱出し、ベースの外で暮らせるようになるという恩恵は魅力的に感じるのでしょう。



そしてその家は、そう遠くはない未来に「帰ることを考えただけでうんざりする場所」になるのです。
夫に寄生して生きてきた学歴も職歴もないディペンダなんて夫に捨てられたら生きていけません。慰謝料も結婚して10年経っていないと請求できないそうです。だけどきっと今日もアメリカのどこかでディペンダ予備軍に捕まっている若い兵士がいるのでしょう。

やられてばかりではない!自分を裏切ったディペンダへの兵士の華麗なるリベンジについてはnoteに書きました>>

note.mu



関連記事

【追記あり】noteを一旦削除します→IDを取り直して再開しました

管理人よりお知らせです

note.mu

Sleepless in Yokosuka、とかそういうベタなタイトルしか思い浮かびません・・・・。近日再スタート予定です!

再スタートいたしました。新着記事は「数秒の快楽の代償と産物」です。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。