Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

鈍感な女は幸せになれると、あるフィリピーナを見ていて思った

セイラーとつきあっていて、彼がshore duty(陸上勤務)ではなく船にのっている場合、彼の乗っている船が定期的な展開に出ている間は寂しいものです。寂しいだけでなく、女性によってはもう一つ問題が出てきます。それはスポンサーが一時的にいなくなるということです。

 

"Red, white, and blue...

ボーイフレンドの乗っている船が出港=しばらくは自腹を切る生活

衣食住のほぼすべてをボーイフレンドに支払ってもらっているような、経済的におんぶにだっこの女性は時々います。ですが彼が海に出ている間は、今まで彼に支払ってもらっていた分を彼女達はすべて自分で支払わなければならなくなります。普段からやりくりして一人暮らしをしている女性にしてみれば「そんなのできてあたりまえじゃないの?」と思われるでしょう。

そうなのです。あたりまえのことなのですが、フィリピン人女性達は自分自身の生活だけでなく母国に暮らす家族や親戚達の生活も支えています。ボーイフレンドというスポンサーなしでフィリピンに送金しながら自分の衣食住も満たすのは至難の業・・・・というわけで、ボーイフレンドがdeploymentに出ている間は他のスポンサーのお世話になります。

Calbayog kids


ただし横須賀という狭い世界ですから、一時的なスポンサーとふらふらしていると、当然知り合いに出くわしてしまいますが、本命のボーイフレンドに密告するような野暮なことはほぼ誰もしません。特に営業活動を目撃したその知り合いがフィリピン人ならば。なぜならフィリピン人間では「母国の家族を支えるためならしかたがない」のひとことで、ありとあらゆる営業活動が正当化されるからです。彼らにしかわからない苦労があるからお互い様なのです。
そんな営業活動をしていたモニカというフィリピーナが、こんな投稿をSNSでしているのを見てしまいました。

「男性が与えてくれる物質的なものなんてどうでもいい。彼が与えてくれる時間、関心、誠実さ、浮気をしない忠誠心、そして努力・・・・そういったギフトの方が、お金で買えるものよりも私にとっては重要なの」


私はこの投稿を見た瞬間ワインを吹き出しそうになり、彼女のボーイフレンドがdeploymentに出ている間に他のスポンサーに貢がせたものを思い返してみました。
パソコン、Coachのパース、洋服(パース同様セレブ御用達wのNEXで買ってもらう)日々の食事・・・・。そしてこの投稿ですよ。
ああ、なんて素晴らしいのでしょう。ボーイフレンド以外のスポンサーに貢がせておいてこの投稿ができる鈍感力!いえ、鈍感力というよりは面の皮の厚さ。こういうことがぬけぬけと投稿できる図太い女は幸せになりますよ!


スポンサーに対する彼女達の忠誠心についてはnoteで書こうと思います。

 関連記事

 

米兵から見たフレンドシップデー

 

米海軍横須賀基地で毎夏恒例のフレンドシップデーが行われ、今年も多くの日本人が訪れました。

今年は人の入りが昨年に比べて少なかった気がすると、当日ベースで働いていた友人は言っていましたが、それでもやはり混乱はあったそうです。以下はメインゲートで憲兵として働くアメリカ人からきいた当日の様子です。
「フレンドシップデーに来る日本人客は、三笠公園内ゲートからの入場ということを知らない人が大勢メインゲートにやってきて、あたりまえのようにIDを見せて入ろうとする。だからその度に三笠公園内ゲートに行くように促さなくちゃいけなかったんだ・・・この暑さの中でだよ?あれはやられたよ。それからさらにすごいのが、歩行者用のゲートだけでなく、カーレーンに堂々と入ってくる日本人(苦笑)!そして彼らをUターンさせるんだ。ああ、このchaosが一年に数えるほどでよかった。月一のイベントだったら体がもたないよ」

お疲れ様でした・・・・。

おそらく現在も同じだと思うのですが、私が働いていた頃は、フレンドシップデー当日になるとここから先は日本人客は進入禁止というエリアには黄色いテープが張られていました。従業員はフレンドシップデーはまとまった休憩なしで働きますから、トイレに行きたい場合、日本人客でごった返すトイレではなく、黄色いテープの向こう側にある空いているトイレに行くわけです。
テープの向こう側に行くには、米軍のセキュリティ(MA)にIDを見せて従業員であることを証明する必要がありましたが、運が良いとこのテープの前に立っているMAが知り合いで「はいはい、君が誰だかはわかっているからさっさと行っておいで」とID提示不要で通らせてもらえるのです(本当はやっちゃいけないんだけどね)。
フレンドシップデー当日は、眉毛が汗で流れてなくなり、帰宅して冷水シャワーを浴びてビール350ml缶半分くらい飲んだところで爆睡。憲兵と同じように「これが月一のイベントだったら確実に体を壊していただろうな」と思いました。

KIRINの氷結STRONGはなぜアメリカ人とフィリピン人に愛されるのか

金曜日の夕方~23時くらいまでは、アメリカ人客でごったがえすセブンイレブン本町二丁目店。

f:id:usmilitarybase:20170417034954j:plain

 

ここから出てくるアメリカ人達の買い物袋の中に氷結STRONGが入っている確率の高さは異常。KIRINの営業の方は是非視察にいらしてください。日本に暮らしたことがあるアメリカ人の多くがchu-hiにはまります。「アメリカに送ってくれ~」と催促が来るのもchu-hi(送れないよ~)。その中でもなぜ氷結STRONGがそこまでアメリカ人達に愛されているのでしょう?

DSCF0955

(画像はセブンイレブンとは関係ありません)


その理由は缶のデザインのわかりやすさだと思います。STRONG→強そうだし、フレーバーの絵柄もなんだか美味しそうに見えるじゃないですか。
そしてアメリカ人だけではなく、フィリピン人達にも氷結STRONGファンは多いです。フィリピンだとSTRONGは高いからなかなか買えないため、来日したフィリピン人は安さに驚いて大喜びして買うとのこと。日本語が読めない人にも訴求力のあるパッケージのデザインは強いですね。


f:id:usmilitarybase:20180728195638j:plain

ご近所さんのヤードセールで見つけたグラス。ころんとしていて可愛くて、すぐに手に取ってしまいました。350ml缶一本を一気にすべて注ぎきれる大きさ。ミサイル駆逐艦 USS BARRYのホリデーパーティーの favor(記念品)とのことで「ただで持って行っていいよ」と言われました。乾杯!

関連記事:アメリカ人が"Glorious."と評した日本のアイスクリーム - Inside the gate

日本人のおばさんとは別の理由で茶髪率が高いフィリピーナ

まずは30代以上の日本人女性に茶髪が多い理由を簡潔に述べてくれているツイートをご紹介します。

30代になったらやらない方がよいと思うのが

  • ファンデーションの厚塗り・白塗り
  • 明るすぎる染髪

です。老けて見えるから。でもやらずにはいられない理由、そういうことだったのですね。横須賀基地とその周辺のフィリピーナ達にも異様に明るい茶髪は大勢います。お洒落な染髪ではなく、傷みからくる乾燥のせいか、ほうきの先みたいな感じで金髪に近い。彼女達の特徴として

  1. メスとして攻めている感じがする(別に美しいわけではないが女性性しか武器がない)
  2. パートナーが非フィリピン人

ということがあげられます。属する社会階級が見た目でわかりやすいフィリピン人らしく、外国人と結婚しなくても済んだ比較的裕福で教養がある層に属するフィリピーナ達(=夫がGS12以上などの高学歴・高給取りフィリピン人で、自身も比較的よい家の出身)になると、茶髪・金髪率は一気に下がります。

IMG_8185

ここらへんは日本のDQNやギャルとお嬢様を隔てるものに似ていますね。

なぜあえて肌の色に合わない金髪にするの?

フィリピーナというと小麦色の肌というイメージを持たれている方も多いと思いますが、実際には小麦色というよりくすんだ褐色や赤黒い肌と表現した方があっています。ですからフィリピンでは明るい色で滑らかな肌をもって生まれた女性は、多少ブスでも男女両方から羨望のまなざしで見られますが、実は老いも若きもフィリピーナ達が髪の毛を異様に明るく染める理由はここにあるのです(前置き長いな)。
「艶のある黒髪の方がよさそうなのに。なんで染めるの?」と、あるフィリピーナに聞いてみました。すると彼女はこう答えました。
「フィリピン人はね、肌の色が暗くて地味な感じがするから、せめて髪の毛だけでも明るくして派手にしておきたいんだよ。あなたみたいに白くてsmoothな肌なら、私だってこんな風に染めなくてもよかったのに」
彼女達の女心は理解できますが、肌の色とあわないうえ、こう、すごく貧相で安っぽく見えてもったいない。しかも彼女達は、経済的に恵まれた人生を常に追いかけていてそのチャンスがいつ訪れてもいいように、50歳を過ぎても女を棄てません。ターゲットが現れたらすぐに飛びつけるように、常に軽く屈伸している感じ。だからお肌はもう曲がり角をとうに過ぎているのに、ある日いきなりプラチナブロンドにしてきて魔女みたいな風貌に仕上がってしまっているフィリピーナも時々見かけます。占いの館にいたら強い異彩を放ち意外と口コミで人気が出そうなタイプ。
努力すればするほど、触れたくなる肌や髪から遠ざかる。だけど何かせずにはいられない。そんな女心。

関連記事:フィリピーナと韓国人女性のテカリは質が違う - Inside the gate

何度散策しても飽きない不思議なスポット 横浜・山手~関内

若干暑さが和らいだ昨日、久々に横浜を散策しました。こうして歩いてみると、なぜ横浜がデートスポットとして人気なのかわかります。よいvibeが出ているのです。横浜と言っても横浜駅周辺とかああいう雑多な感じは苦手ですが、山手~関内は最高。「あそこに行こう」という目的がなくても、ふらついているだけで気持ちがアップリフトされる散策コースです。

外国人墓地。あまりにも観光スポットとして有名でベタですが、なんかこの日はお墓の下に眠る人々の息が聞こえてきそうな、妙に安らかな空気が漂っていました。

f:id:usmilitarybase:20180726052412j:plain

続いて横浜山手聖公会

f:id:usmilitarybase:20180728031450j:plain

ここまでの道のりを歩いていて、山手ってマイナスイオン出てるよなぁと思いました。夫がここらへんを気に入っている理由がよくわかりました。お金じゃ幸せは買えないっていうけど、やはり瀟洒な住宅街を歩いていると優雅な気分に浸れますし、横浜はデートスポットとして人気があるのもうなずけるというものです。例えば初めてのデートでお互い緊張していても、このコースならたとえ会話が途切れても気まずい雰囲気にならず、むしろちょっとロマンチック。それにこの区画全体が美しく見どころが多いため、会話がもたなくても互いになんとなく楽しい時間を過ごせているような気がするのです。
普段の会話が事務的なやりとりに終始しがちな付き合い始めて長いカップルが一緒に散策したら、それはまた違った楽しさがあるものです。横浜には開港の歴史がありますしね。 
続きましてエリスマン邸

f:id:usmilitarybase:20180726052413j:plain

田舎に帰ると成金がこういう洋館を目指して建てたような悪趣味な豪邸を見かけるのですが、がっかりしてしまいます。背景から浮いてるんだもの。山手に建っているからいいのに・・・。

そしてフェリス女学院(中・高)脇の階段を下りていくと・・・

f:id:usmilitarybase:20180726052415j:plain

一気に雰囲気が変わり、庶民的な住宅地に出ます。中国姓の表札がかなり多くみられるのも、中華街が近くにあるからでしょうか。
そして山下公園

f:id:usmilitarybase:20180726052414j:plain

スノッブな山手の住宅地と違い、誰が歩いていても浮かない、リラックスできる場所ではありますが、不思議とDQNは見かけないスポットでもあります。だから空気がいい(笑)。

そのまま大通りを歩いていくと、横浜市開港記念会館があります。ここの交差点のあたりの雰囲気が大好きです。

f:id:usmilitarybase:20180728040201j:plain

建物も古めかしく重厚な造りのものが多く、けばけばしい看板が皆無。色がアーストーンでまとめられた区画という感じ。それもそのはずです。関内は国土交通省の都市景観100選に選出されているそうです。

もう少し暑さが和らいで来たら、ツイッターで多くの人が絶賛している「カメラを止めるな!」を観にジャック&ベティに行く予定。その時はフォロワーさんがおすすめのストリートもチェックしてみたいと思います。山手や関内から歩いて10分以内なのに、まるで違う世界が広がるあそこらへんに♪

今回は横浜の華やかなエリアについて書いたので、後日は昔ながらの、変わらずにいてほしい横浜の側面について書きたいと思います。


関連記事

insidethegate.hatenablog.com

「黒人男性が好きです!」と一発で分かるプレゼンテーションは果たして有効なのか?

男女、人種を問わずアメリカ人によく聞かれることの一つに「なぜ黒人男性を好きな日本人女性は、黒人女性を真似たような服装やメイクをするの?」というものがあります。
「まがいものは天然の引き立て役にしかなれないのに、なぜ?」
これに対し、若い頃の私はこう答えていました。
「わかりやすいプレゼンテーションの方が互いに時間が省けていいからじゃないかな?ブラックっぽいヘアメイクやファッションをした日本人女性を見れば、白人やヒスパニック系のアメリカ人は自分が彼女達のマーケティング対象外だとすぐにわかるから、声をかけないでしょう。それに女性側も自分の好みじゃない人種に声をかけられる煩わしさから解放される。」
だけど自分がアメリカに暮らしたり、ベースで働くようになって、なぜこういう日本人女性をアメリカ人が不思議がるのかよくわかりました。

f:id:usmilitarybase:20180708144023j:plain

(古い?)

アメリカで暮らしていた頃、黒人男性と白人女性のバイレイシャルのカップルを見かけたことは何度かありますが、白人女性は皆「白人女性として綺麗」なのです。黒人女性に近づこうという努力はしていない。これは横須賀基地で見かけた黒人男性と白人女性の夫婦にも言えます。彼らを見ていて、アメリカ人がなぜぶらぱんを見て不思議に思うのか、理解ができました。
要するにぶらぱんのように「黒人がいいの♪」とわかりやすいプレゼンテーションをしているということは、自ずと男性を優位に立たせてしまうのです。
「君が美しかったから恋に落ちた」ではなく「あの子は明らかに黒人好きでこれはいけるという確信があったから気軽に声をかけることができた」から始まる関係は、どうしても黒人男性側が優位になってしまいますから、女性が相当手練手管に長けていないと成就させることはできないでしょう。
わかりやすいプレゼンテーションは確かに好みの人種を引き寄せてはくれますが、それは「黒人専用」と書かれたドアと同じ。それをノックして入ってきてとてもじゃないがlove makingとはいえない、むしろ排泄に近いような行為だけして立ち去っていく男性も、当然やってきます。
私の周りにいる日本人女性と黒人男性の幸せな夫婦で、女性が「いかにも黒人好き」という外見の夫婦が少ないのも、実はここに理由があるのではないかなぁと思います。男性側にしてみれば「彼女は俺が黒人だから好きになったのかな」という疑心を抱かずに済む。

最後はこの動画で締めくくりたいと思います。

振ってぶるんぶるんと揺れるようなお尻がない分上半身の動きでカバー?


関連記事

横須賀基地のHPTの明暗が分かれた改正労働契約法の施行

横須賀基地のことを書く前に、博報堂九州支社で何度も契約更新を繰り返し、無期雇用への転換を申し込める立場にありながら、契約を更新してもらえなかった元嘱託社員のニュースをシェアします。 

headlines.yahoo.co.jp

ウェブニュースはすぐリンク切れになるため、以下に無期雇用への転換に関するニュース(朝日新聞デジタル掲載)の重要な部分を引用します。 

訴状によると、女性は1988年4月、博報堂九州支社に嘱託社員として入社。1年契約の雇用契約を29回更新し、今年3月末まで経理などを担当していた。
改正労働契約法の施行で、2018年4月には無期雇用に転換できる権利を得る予定だった。しかし、博報堂は17年12月、女性に18年度以降の雇用契約を更新しないと伝えた。
女性側は「無期雇用に転換されるのを阻止するためで、公序良俗に反し、無効だ」と主張。博報堂側は「契約書で18年4月以降は契約を更新しないと合意している」と反論している。

これまでに29回(!)更新し、おそらく正社員と同じくらいの責任のある仕事もさせられていたでしょう。ところが「18年4月以降は契約を更新しないことに合意している」と会社側が主張しているということは・・・・。

これは私の推測ですが、おそらくその合意がなされた際、おそらくこの女性が気がつかないようなちいぃぃぃぃぃぃぃさな文字で「今後は更新しない」「今回が最後の契約更新」というようなことが契約書の隅にでも書かれており、それに気づかず女性が署名をしてしまったのではないでしょうか・・・。
改正労働契約法の施行は横須賀基地で働くHPT(時給制従業員)も当然対象となりました。この法律の施行によりついに報われるべきだった人々が、無期転換を避けたい雇用者側の阻止により雇止めになる、ということは横須賀基地ではないでしょう。なぜならHPTは、雇用主は米軍基地内の施設ではありますが、お給料は防衛省から出ているのです。さすがにお国が身勝手な阻止などするわけないでしょう。

今年で勤続5年目(あるいはそれ以上)に入っているHPTはセーフ

厚生労働省のウェブサイトによりますと、米軍基地の従業員に限らず、今まで一年ごとの契約更新をしてきた人で、現在勤続五年目以上に入っている人は、次回の契約更新を経て、ようやく無期雇用への転換に申し込むことができるというわけです。

f:id:usmilitarybase:20180726041631j:plain

画像は厚生労働省の無期転換の概要 契約社員、アルバイトなどの方 | 有期契約労働者の無期転換サイトからお借りしました

この説明を読むと、博報堂の女性元嘱託社員が更新してもらえなかったのは、もう確実に会社側の意図的な阻止としか思えません。ベースではこのような阻止はないと思いますし、上記のページには

有期契約労働者が使用者(企業)に対して無期転換の申込みをした場合、無期労働契約が成立します(使用者は断ることができません)。

と書かれています。
繰り返します。
使用者は断ることができません
ですから横須賀基地における雇用主がただの意地悪で「あら、わからないわよ。法律なんて突然変わるかもしれないんだから、今から喜ばない方がいいんじゃない?」などと言っても心配する必要はないし、もしも「あなたの無期雇用への転換は僕/私次第でどうにでもできる」などと脅されたらこの厚生労働省のページを見せて「どういうことでしょうか?」と突っ込んでもいいと思います。きっと意地悪な幹部は静かになると思いますよ。そういう意地悪をするのがフィリピン人ならば(横須賀基地あるある)、そのページに書かれていることが読めないから余計に悔しいでしょうね。うふふふふ。
不安な人は書面で残すようにしましょう。きっとLMOから何かしら送られてくるのでしょう。

f:id:usmilitarybase:20180726042829j:plain

画像は厚生労働省の無期転換の概要 契約社員、アルバイトなどの方 | 有期契約労働者の無期転換サイトからお借りしました

ということは・・・HPTでも残念ながら勤続年数が4年以下の人達は、この無期雇用への転換対象にはならないということですよね。今頃皆ベース内のIHA/MLCに応募しまくっている頃でしょう。頑張れ!!!幸運を祈ります!

今後横須賀基地のHPTの募集はどうなるのか?

もしかしてHPTは廃止になるのかな?と思いLMOの求人応募サイトを見てみました。ところが廃止にはならないようで、まだ募集は続いていますが、今後はますますフィリピン人従業員が増えそうな予感がします・・・Oh no.......なぜなら以下がHPT(時給制臨時従業員)の募集要項なのですが

f:id:usmilitarybase:20180726043134j:plain


※備考欄参照」とあるのが気になって見てみたら

f:id:usmilitarybase:20180726043308j:plain

画像はエルモの求人サイトからお借りしました

「長くても3年までしか働けませんよ」というとても大切なことが、備考欄の一番下に書いてあるのです。こんな大切なこと、詳細ボタンをクリックして散々詳細を読んだ後に読まされて、応募者達にしてみたら時間の無駄ですよ。もういっそのことエルモのトップページに「HPTは最長でも3年までしか働けません」とでかでかとバナーを貼ればいいのにとすら思いました。
3年しか働けないところに「いずれは正職員に」と思う日本人の若者は応募しないでしょう?応募してくるとしたら「日本語の読み書きが不得手だからベースで働きたい。雇用形態は二の次だ」というフィリピン人ばかりになるに決まっています。
グアムもハワイもどんどんフィリピン領のようになってゆく昨今、ついに横須賀も・・・。

関連記事:横須賀基地の聖域がフィリピン人に侵略されるのも時間の問題 - Inside the gate