読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

「フィリピン人なんだからTOEICのスコアの添付は不要よ!」と言い張るフィリピン人

米軍基地で働く

横須賀基地で既に勤務している人間が基地内の空席に応募する場合、指定された応募書類をすべて揃えて応募しないと無効と判断され、HROでスクリーンされてしまいます(外部からの応募者の場合はLMOでスクリーンされます)。そのため応募先にまでたどり着きません。
そのくらいベースで働いている人間にとって常識だと思っていましたが、先日レオノアというフィリピン人女性がこんなことを言っていました。

「○○で空席が出たから応募しようと思う。あなた、TOEICどうやって受けた?」

ほほぉ。ということは「英語の能力を証明するものの写し」が提出物に含まれている=ある程度の英語力を必要とする仕事の空席を見つけたということね。

「私はオンラインで応募した。”TOEIC”で検索すれば公式サイトが表示されるし、表示は英語に切り替えられるはずだよ」

すると数日後、レオノアはこんなことを言いだしました。

「私、フィリピン人だからTOEIC要らない。フィリピンでは小学校から皆が英語を習う。応募するためにTOEICのスコアのコピーが必要なのは、日本人応募者だけ。日本人は英語に触れずに育つから」

 小川麻琴  TOEICの結果。 #ogawamakoto

(私のスコアではありません。Flickrからの借りものです)


何を血迷ったのかと思いました。
確かにフィリピン人の多くは日常会話程度の英会話ができます。英語が話せなければ食べていけないのですから(それに比べて日本人は英語ができなくても国内で十分食べていける)。
だからといって応募書類が一枚欠けていても面接にまでたどり着くかというと、それとこれとはまた別問題のはずなのです。
「フィリピン人か。じゃあ英語力はOKですね」というわけにはいかないのです。
提出しろと言われているものをきちんと揃えもせずに応募した場合、HROから見たら「本当にこの人、仕事をする気あるのかな・・・」と思うでしょう。社会人としての常識を疑われておしまいです。

「ちょっと考えればすぐわかること」をちゃんと考えようとしない人は、日本だけでなくフィリピンにもいるってことです。


書類を受け付ける側、書類を見る側の気持ちになって提出しましょう。

関連記事:応募書類をそろえよう(横須賀基地・厚木基地) - Inside the gate

欧米風スキンシップを装ったただのセクハラ

アメリカ人


この記事の主旨を考えると、欧州と米国をひとくくりにするのもどうかなと思いましたが、細かいことは抜きにしていこうと思います。

「外国人(顔濃い系)にとってはこんなのは挨拶みたいなものだよ」と言って抱きついて来たり、ほっぺにキスをしてきたりする外国人男性が昔はかなりいました。
アメリカ人が会う人すべてと「やぁ!」と陽気にハグをする国民であると勘違いしている日本人は、もうさすがにいないはずですから、今はもうそういう輩はだいぶ減ったはずです。彼らはそういうことをやってよい女性と、そうでない女性をわかっています。

やってよい女性は

free 'sweet' hugs

  • 「きっと欧米の男性って本当にこんな感じなんだろうな」とそのまま受け止めてしまう、外国人男性慣れしていない可愛らしい女性
  • 「外国人慣れしてるからこんなの当然♪」という、欧米風のスキンシップを知ったかぶりたい女性。本人は百戦錬磨のつもりなんだけど、実は多くの不良外国人男性達が渡り歩いて行っただけ

です。彼らはちゃんと相手を選んでやっていますよ。

紳士的な欧米人男性は、こんな風にハグを装ってべたべた触ってきません。触ってくる男性達は、母国では女性に相手にされずゴミ扱いだけど、日本ではハリウッド俳優として崇めてもらえるようなやつらばかりです。

関連記事:横須賀という狭い世界に寄生するアメリカ人 - Inside the gate

日本人の芸能人にも欧米風スキンシップを勘違いしている人はいる

道端アンジェリカさんは美人でスタイルよし。なのに30歳で彼氏なし。いったいなぜ?!その理由がVTRで再現されるのですが、こんな一コマが出てきます。

「ハグとかチューとか挨拶みたいなもんだから」

「そんなのアンジェリカスタイルの常識だから」


アンジェリカさんにしてみれば、本当にハグやチューには深い意味などないのでしょう。だけど私はこの再現VTRを見ていて、日本、しかも地方で生まれ育った生粋の日本人である彼女が、必死で自分の外見に求められるイメージを演じているように見えて哀れになりました。
顔の濃いハーフ(=ぱっと見ですぐに外国人とのミックスだとわかるタイプのハーフ)にとっての宿命っていうのかな。普通に日本人ぽくいることが許されないというか「どこか違うんだろうな」と期待されたり、決めつけられてしまう。
こういうキャラを演じるのは若いうちはいいけれど、年をとってきたら辛くなりそう・・・。

それからもう一人が舘ひろしさん
大昔に見たTV番組に彼が出た時のことなのですが、「僕にとってキスは挨拶代わり」と言って観覧に来ていた女性客達数人の頬に、ちゅっと口づけていくシーンがあったのです。
まあ舘さんは本来こんなことをする人ではなく、番組側に「視聴者が求めるダンディーな舘ひろしっぽくお願いします」と打ち合わせで依頼された結果なのかもしれません。
あ~・・・・こういうのを放送するから「大人の男・舘ひろしは日本人離れしていてこんな風に挨拶をする。かっこいい~♪」というバカな女性が生まれるのです。
もう一度言います。欧米のまともな男性はこんな風に初めて会った女性達に、唇で音を立てるようなキスを頬に気軽にしたりしません。

関連記事

(33)内輪のもめごとをフェイスブックで公開しないと気が済まない人達へのひとこと

シェアしたい英語100選

シェアしたい英語100選 カテゴリーの記事一覧 - Inside the gate


決してネタに困ったから書いていなかったわけじゃないんですよ。シェアしたい表現はまだまだあります。

求めているのは加勢なのか、共感なのかは知りませんが、知人、恋人、あるいは親族とのトラブルといったプライベートなもめ事をフェイスブックに投稿する人っていますよね。
特徴は「晒すけど名指しにはせず、『ああ、あの人のことね』と明らかにわかるようにする」という点。

「自分がやると約束したことを守れない。私があんなに愛していた間にも、あなたは浮気をしていた。わからないとでも思っているの?また同じ手を使って許しを請おうと思っているの?」

「あなたを痛い目にあわせてやるわ。私を甘く見ない方がいいわよ」

これ、フェイスブックでシェアする価値があるのでしょうか?本人に直接言えばいいことですよね。

関連記事:繊細なステイタスをあえて「全体に公開」にする理由 - Inside the gate

 

そういう時はこう言います。

Don't air your dirty laundry.

直訳すると「汚れ物を干すな」。
内輪のごたごたをわざわざ人目に晒すな、という意味です。

f:id:usmilitarybase:20160923125617j:plain

photo courtesy of Your Dirty Laundry Belongs in the Basket, Not on Facebook - Bane Tech


フェイスブックで汚れ物を干しちゃう人は、やっぱり「こんなことばかりしているから、いつまでたっても幸せになれないんだろうなぁ」という人ばかりです・・・。
だけどそんな人達にコメント欄からDon't air your dirty laundry.とはなかなか言えない。それを言ってわかる人なら、もめごとを関係ない人達にまでわざわざ晒すようなことを繰り返すわけがないのです。
ですから私は他の友達とShe's one of those who never learn.と陰口をたたいて終わります(苦笑)。

関連記事:アメリカ人のFBプロフィール写真と実物のギャップがすごくて「騙された」と思ってしまう理由 - Inside the gate

なぜドゥテルテ大統領は国民に愛されるのか

旨い!フィリピン

失言の多いフィリピンのドゥテルテ大統領ですが、麻薬密売人達の殺害を続ける彼の方針を非難したEU連合に、今度は"F**k you."と言ってしまいました。

国際的な注目を集めるパフォーマンスとして、結構意識してこのような発言をしているのでしょうか。
私の周囲のフィリピン人達の間では、彼の支持率は依然高いようです。そこでなぜそこまで彼を支持するのか聞いてみると、こんな答えが返ってきました。

「彼は一国の大統領としての公の場での発言と考えると、あまりにも不適切な言葉づかいをする。だからそういう大統領を通して『フィリピン人はクラスがないんだな』と思われてもしようがない。
じゃあクラスがある人達に聞くけど、あなた達はフィリピンのために何をしてくれるの?ドゥテルテが大統領になってから、少なくともフィリピンは良い方向に歩み始めている。
それからドゥテルテはこんな風に考えているの。
『俺はもう年寄りで、この先失うものはない』
だったら彼に託してみようと思うでしょう」

確かに麻薬の密売人達のような犯罪者達は、一度に大量に刑務所に入れればお金がかかるし、だとしたら財政的には殺してしまうのが一番手っ取り早いのかもしれません。
ダバオ市の市長を務めていた間も同じように今と同じように恐怖政治を行って、結果を出していたロドリゴ・ドゥテルテ氏。

外部関連サイトの記事:フィリピンで最も過ごしやすい都市ダバオ!その魅力に迫る | 留学コラム


私の友人いわく(既出の友人とは別の人)「ドゥテルテがダバオ市をあそこまで治安がいいきれいな街にしたのはすごいこと。ちなみにダバオ市はリトル・ジャパンって呼ばれてるんだよ。街が安全できれいだから」だそうですが、この友人は色々な話を早とちりして誤って解釈してしまうことが多いため、情報のソースとしてはあまりあてになりません(苦笑)。
もしかすると太平洋戦争時の日本軍の上陸と侵略行為に由来するのかもしれませんしね。

ちなみに私の周りにいるフィリピン人達がドゥテルテ氏よりも熱く支持する政治家は、フェルディナンド・マルコス氏です。皆大絶賛しています。日本人にとっての田中角栄氏みたいなものでしょうか。
だからイメルダ夫人が湯水のように血税を使っていたことは日本でも有名だったよと話しても、反応は薄いのです。

関連記事:ロドリゴ・ドゥテルテ氏の大統領就任に対するフィリピン人の知人の反応 - Inside the gate

日本にいる間に小銭を稼いで帰っていくネイビーワイフ達

アメリカ人


先日横須賀基地のあるハウジングに、あらかじめ注文しておいたメキシコ料理をピックアップしにいった時、同じようにピックアップに来ていた知人のスカーレットに会いました。
少し彼女と立ち話をしていたら、彼女がこんな風にいいました。

「このメキシコ料理の注文を受けている奥さんみたいに、海外にいる時にここぞとばかりに稼ぐネイビーワイフって結構いるのよ。中には夫よりも稼ぐ奥さんだっているくらい。
(諸手当が恵まれている)日本にいる限りネイビーワイフは働かなくても暮らしていけるのに、しっかりしていると思うし尊敬するわ」

スカーレットが言うように、働くことなど思いつかず、チートスなんかを食べながら日がな一日Netflixを楽しみ、夫がディプロイメントに出ている間には他の男と遊ぶネイビーワイフなど腐るほどいます。

自立心旺盛なネイビーワイフ達のマーケティング

だけどこのメキシコ料理の販売をしているマダムのように、アメリカに帰ったら商売として成り立たないけれど、海外にいるからこそ商売としてやっていけることに果敢に(気軽に?)挑戦するネイビーワイフもいます。

f:id:usmilitarybase:20160730000500j:plain

「働こうにも基地の中の仕事しか選択肢がないし、競争率は高いうえ、どれも面白そうな仕事じゃないし・・・だったら自分で仕事を作ろうか」

そんなノリなのかもしれません。
例えば私が昔通っていた料理教室の先生も、池子住宅地区に住むネイビーワイフでした。
アメリカに帰ったら彼女が作る家庭料理を習おうという人はいません。だけど日本(海外)なら興味を持ってくれる人がいる=マーケットがある。

彼女達の共通点としては、あれこれ考える前にとりあえず始めてしまっていることでしょう。最低限準備はしたでしょうけれど、あとは運営しながら様子を見て、改善が必要であればそうしていくといった感じ。

そうやって荒稼ぎして日本を去るわけです。それから子供達にモデル活動をさせて小銭を稼ぐ人もちらほらいます。
ネイビーワイフ達は立場的にはdependent(扶養家族)と呼ばれますが、精神的にはindependent(自立している)なネイビーワイフも結構いるということです。

語学のハンデを乗り越えて頑張る日本人妻達

ただし、海外にいる日本人妻達がアメリカ人ネイビーワイフと同じようにやろうと思っても、やはり簡単にはいかないのです。
なぜならアメリカ人ネイビーワイフ達には「英語で学べる料理教室に通いたい」というマーケットがちゃんと存在します。英語は強いのです。

だけど海外で暮らす日本人妻にとっては、現地の言語を流暢に話せることが現地でビジネスをすることにおいて最低限の条件になってしまいます。

潜在的なマーケットの中でまずは認知度を高める

"最近いいなと思ったメイクアップのtutorial video - IAMHOPE Pさん - Inside the gate"という記事でご紹介したIAMHOPE Pさんは、メイクアップアーティストとしてお仕事をされていますが、驚くくらい料金を低く設定されています。
どのくらいか詳しい金額は忘れてしまいましたが、現在お住まいのニュージャージーでは、女性がドレスアップしてヘアメイクもきちんとして、お出かけして楽しむ機会が、ニューヨークやロスといった大都市に比べて少ないということ。
そんな風にプロによるメイクアップの需要そのものが少ない田舎で、最初から強気の価格設定をしても誰も仕事を依頼してくれないので、まずは名前を売るために料金を低く設定されているそうです。早く名前が売れるとよいですよね。

関連記事

アメリカ人の憂鬱・・・・クリスマス

アメリカ人

横須賀基地所属のアメリカ人達(特に女性達)の中には、既にホリデーパーティーに必要な小物をアマゾン.comでオーダーした!という声もちらほら聞こえ始めてきました。
安い配送方法を選ぶと届くまでに2か月くらいかかるそうですから、今オーダーしておいてちょうどいいくらいでしょうね。
こんな風にホリデーシーズンの到来がまだ二ヵ月も先だというのに浮かれていると、いかにもアメリカ人のようですが、実は彼らにとってクリスマスは意外と憂鬱なイベントなのです。

f:id:usmilitarybase:20160913210205j:plain

憂鬱な理由は日本人とは違いますよ。
日本人の場合は「一緒に過ごす相手がいないから憂鬱」という人がまだまだ多い。だけどアメリカ人の場合はこうです。

"It's a pain in the butt to go to like four different Christmases."
「クリスマスを4つもはしごするのが面倒くさい」

日本人にとっては大晦日と元旦の方がイベントの存在としては大きいけど、多くのアメリカ人達にとっては、家族で集まってお祝いするクリスマスの方が大きいのです。
すると既婚者にとっては4つくらいクリスマスパーティーを回るのがざらになります。なぜならアメリカは離婚率が高いからです。

自分の実家、配偶者の実家(1)、配偶者の実家(2)・・・という風に、自分、あるいは配偶者の両親が離婚済みの場合、別れた双方の家を訪れることも珍しくはありません。


「クリスマスには家族に会いにアメリカに帰りたい」

この気持ちに変わりはありませんが、それでもクリスマスパーティーのはしごは面倒くさいそうです。
「一ヵ所に皆集まれたら楽なのになぁ・・・」というのが彼らの願いです。

関連記事

横須賀基地に出入りするmover 横浜海運

米軍基地で働く


横須賀基地所属の軍人の引っ越しといえば横浜海運が独占しているのではないかと思われますが(この会社しか見たことがない)、見ていて本当に大変そうです。
うちも2回お世話になりましたが、皆さん感じの良い方達で、そしてものすごい速さでパッキングを終えて行かれました。

軍人の海外引越は業者が一から十までやります。
「これだけはこういう風に/これとこれは一緒にパッキングしておきたい」というようなものは客が自分達でやりますが、それ以外はすべて、小さなものから大きなものまで業者がやります。

Labels out
その横浜海運の求人ページを見るとこのように書いてあります。

…海外引越には様々なドラマがあります。
その感動に直接立ち会うことができる、魅力あふれる仕事です。

求人・転職情報のはたらいくより転載しました)

確かに感動はあるでしょう。だけどストレスも半端ではないと思いますよ。
例えば先日パッキングと搬出をすべて終えた友人がこんなことをフェイスブックに投稿していました。

「この間のパッキングで、トラウマになってしまうようなことに遭遇したの・・・。
業者の人達が手際よく梱包、パッキングをしていく間、私はトラ(猫の名前)を探していたの。だけどどこにもいない。

まさか・・・・もう気が狂いそうだった。そこで業者にお願いして、トラが好んで隠れていた大きな家財道具類のパッキングをすべてもとに戻してもらって探したけど、どこにもいない。
最後の望みを賭けて、業者の人がリネン類をクッション代わりにしてしっかり梱包してくれたチェストのパッキングをもとに戻して、その引き出しの一つを開けてみたらトラが顔をだして、怖かったよぉ~と言わんばかりに引き出しから飛び出して行ったの!Oh my God!!!! 見つかってよかったわ!」


「猫が見つからない」と聞いた瞬間、業者の人達はいや~な予感がしたと思います(笑)。
私がスタッフなら「まじかよぉ~」と思いつつ、自分からは「梱包をときましょうか?」とは提案せず、とりあえず夫婦から頼まれるまで知らん顔してこまごましたものの梱包を続けそうです。

 

横浜海運

日本語だと公式ウェブサイトらしきものが見当たらなかったのですが、アルファベットで検索したらヒットしました。
Yokohama Kaiun International