Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

私が関わらないようにしているミリ妻達の特徴


ミリ妻の面倒なところは日本人妻とアメリカ人妻共通の部分と、日本人妻特有の部分があります。

共通点

他人(特に他のミリ妻)のもめごとが好き。ドラマクイーン多し。

日本人のミリ妻特有の面倒な部分

「アメリカ人と結婚した私」が肩書になってしまっているため、根拠のない自信がある人が多く、そのわりに英語が下手で「この人はいったい夫とどんな会話をしているんだろう」と思うことも少なくない。

この日本人妻特有の面倒臭さに関して少し掘り下げてみましょう。

あまりの世界の狭さとどろどろした感じ、そしてくだらなさに耐えられず、ジム通いを辞めた

Mrs Pope's Long Thai Hair


実は昔Purdy Gymに通っていたんですよ。横須賀基地には大きなジムが二つありますが、そのうちの一つで、ファンシーな方(メインフードコートなどに近い方)がPurdy。でも3か月くらい通ってやめちゃいました。なぜなら日本人のミリ妻が鬱陶しいから。
人の顔みりゃ

「旦那さんはなにじん?」→アメリカ人であることはだいたいわかっているから、人種についてきいてくる。きいてどうする?なにじんなら満足するの?なにじんなら交流したいと思うの?

「旦那さんはactive duty? それともGS?」→現役の軍人か、それともアメリカ政府に雇用されている公務員として働いているのか


・・・などと聞いてくるんですよ。「active dutyでもGSでもございません。かつてChippendalesでダンサーをしておりまして、今はヒモです」答えてやろうかと思ったことは、数えきれないほどあります(もちろん冗談ですよ。夫は確かにええ体していますが、残念ながら私にはヒモを養えるような経済力ありませんもの)。
アメリカ人を配偶者に持つということがエイメックスのブラックカードを所有することと同じくらいパワフルなことだと思っている方々なのでしょう。こういう方々が鬱陶しいのでジムから足が遠のきました。
サンディエゴへの転属が決まった時、現地に暮らす昔からの友人(私がまだ米軍兵士を毛嫌いしていた頃からの友人)がくれたアドバイスがこれでした。

「いい?マリア!サンディエゴで一番怖いのは日本人だよ!日本人のミリ妻に連絡先を聞かれたら、捨てアドレスを渡しなさい!」

当時はまだfacebookすらやっていなかったので、連絡先=携帯電話かメールアドレスという時代でしたが、彼女のアドバイスは正しいと思います。もちろんごくまれにではありますが、いい人もいましたよ。

 さて、ここから先は日米ミリ妻共通で、どちらかというとアメリカ人のミリ妻寄りです。

なぜミリタリーワイフは馬鹿馬鹿しいドラマに巻き込まれるのか

フェイスブックのDear Dependa IIのようなページで晒されて嘲笑の対象となるような、イタいミリタリー・ワイフがリアルに集まっている空間を覗いてみるとおわかりになると思います。尚Dear Dependa IIをご覧になる方は自己責任でどうぞ。幸せな結婚生活を送る賢いミリタリー・ワイフはまず覗かないページです。頭痛を引き起こす要因になるだけだから。
とにかくミリタリー・ワイフといえば、極端な例をあげるとNEXのトイレに備え付けられているトイレットペーパーの質が落ちただけで大騒ぎできるような人達です。何か些細なことでも取り上げていちゃもんをつけて喜ぶ。
The real housewives of base housingというリアリティーショーが始まったら面白そうですね。あほらしすぎて面白いと思う。時々このブログにコメントをくださる大食い女様のように、愚かなミリタリーワイフとは無縁、あるいはうまくあしらうことで、彼女達が起こすトラブルやあほらしいドラマに巻き込まれずにすんでいる配偶者の方も大勢いらっしゃいますが、そういう女性はおそらく関心が自分自身や自分の家族の幸せに向かっているのでしょう。他人の不幸に対してではなく。

関連記事

アラフォーになってダイエットに対する取り組み方が変わった点


黒人女性の許されるデブとそうでないデブ - Inside the gate
という記事にレギュラーコメンテーターのくぅ様からいただいたコメントを読んでいて、自分とまったく同じで驚いてしまいました。

でもやはり、この体に甘んじてはいけない、私が痩せねばいかんと思うのは、昔と違い、見てくれよりも、健康第一だから… なんですよね。
死ぬまで自分の足で歩いたり、自分の歯でおいしくご飯を食べたり、どこも痛いところがなく、毎日を過ごしたい…  おばあちゃんみたいなこと言ってますが、ここ数年の私のダイエットする意味は、健康、それのみです 笑

Healthy Food

私も30歳を過ぎたらダイエットの目的が健康第一になりました。

特に祖父母、そして父が三人とも脳梗塞になって以来、自分にも遺伝しているであろうと思いましたが、彼らの食生活を見ていて塩分の過剰摂取にも敏感になりました。脳梗塞との関係が皆無とは言えないと思うのです。
特に父は魚を食べる時、一口も食べないうちからお醤油をかけてしまうような人でしたが、病気になってからはさすがにそういうことをしなくなりました。


塩分に関する記事:良くも悪くもあなたのスイッチをONにしてしまう食べ物 - Inside the gate

歳をとってからそのありがたみを痛感するのが筋肉

30歳を過ぎてからというもの、つくづく運動部で鍛えていてよかったなぁと思いました。
というのも、ベースの飲食業で働いていた頃、多くの人達が腰や膝の痛みに悩まされていましたが、私はそういう悩みは皆無でした。私が思うに、多分筋肉が残っていたからだと思うんですよ。
中学も高校もかなりハードに練習していたので、その頃の筋肉が残っていて関節への負担が小さかったのかもしれません。本当にこれはありがたい。
特に中学生の時、トレーニングの一つとして課せられた階段走(階段ダッシュ)は大嫌いでした。広い校舎を10周させられるんですよ。嫌いなことほど早く終わらせてしまいたい私は、誰よりも早く走り始め、誰よりも早く終えて休んでいました。今思うと、この階段走が自分の基礎体力になっているんじゃないかなぁとすら思います。今の自分の年齢&体重で同じことをやったら確実に膝を痛めるでしょうけれど・・・ありがとう、筋肉。

外食する時は健康志向ばかりに縛られないようにする

これは20代の頃から感じていることですが、外食する時は「食べて綺麗になろう/元気になろう」ということを最優先せず、楽しさを優先した方が息抜きとしてはよいのです。
例えばだいぶ前に六本木ヒルズのEggcellentに行った時のこと。

f:id:usmilitarybase:20180112031310j:plain

夫はエッグベネディクトを食べ、私は入り口に書いてあった、何種かあるBuddha Bowlを食べてみることにしました。「家では作れないものを食べたい」と思ったからです。

f:id:usmilitarybase:20180112031309j:plain

このボウルに盛り付けられたものを家で食べようと思うと、食材を腐らせるであろうことは自分でもよくわかっています。だからこそ、普段食べないものを食べて体を喜ばせたかったのです。
だけど結果としては、夫のエッグベネディクトが羨ましくてしようがなくて、次回は私もそれを頼もうと思いました。なんかもう食べていても食事をしているんじゃなくて、畑を食べている気分になるんですよ。食べていても楽しくないものを頑張って食べきると、後から来る反動が大きいのです。だからこそ外食は健康を忘れて絶対に楽しみを優先した方がいい。
といいつつも、緑が極端に不足していると思うと、ここは割り切って自宅では作らず外で食べます。

f:id:usmilitarybase:20180112031311j:plain

例えばジョナサンのケールのシーザーサラダ。苦味と青臭さがたまらん。

アルコールを飲むと楽しいのは一瞬で後がつらい

くぅ様もコメントで書かれていましたが、アルコールを摂取すると食欲が増進されます。もうコントロールできなくなりますよ。

Beer

アルコールのリラックス効果はありがたいけれど、夜一杯飲むと私の場合またしょっぱいものが食べたくなり、そしてアルコールと塩の相乗効果でさらに食欲が進み・・・・。既に代謝の悪くなっているアラフォーは、アルコールとの付き合い方も難しいのです。



関連記事

横須賀で素泊まりできる宿 翁美家旅館が閉店しました・・・→訂正します


【訂正】閉店したのは居酒屋の方で、旅館は営業しているそうです。詳細はN.I.様からのコメントをご覧ください。なんだか昭和の風情があって、よさそうなところですよ!

小川町にある、一見民家と見間違えそうな旅館、それが翁美家旅館です。

f:id:usmilitarybase:20170612052054j:plain

実はここ、90年代後半あたりに米兵達と遊んでいたおねえさま達が使っていた宿なのです。魅力は「とにかく安いことと、気軽に素泊まりできた!」からなんですって。宿泊費もチェックしてみると、2人なら3,780円ずつ!

場所はさいか屋の向いで、すぐ近くには横須賀基地のワンブルゲートがありますから、そりゃ連れ込み宿(?)として使うには便利ですよね。やってすぐさよならしてさっさあとベースに帰れるホテル。

f:id:usmilitarybase:20170612052121j:plain

Googleのクチコミもよかった・・・

f:id:usmilitarybase:20170612054456j:plain


フェイスブックの公式ページを見ると閉店と経営難とはまったく関係ないとのこと。
やっぱりこう、旅館ですから布団が二つ並べて敷いてあったりしたんですかね。アメリカ人の若い男の子達にしてみたら、なんだか色情を煽る演出だっただろうなぁ。

関連記事

insidethegate.hatenablog.com

在日米軍の将兵をボーイフレンドに持つ女ならではのライフプラン


恋の始まりは楽しいものですが、二人の関係が深まっていくにつれて、それなりの辛さや悲しみも伴うものです。特に在日米軍の将兵の場合は3年ごとに駐屯地が変わりますから(PCS)、その期限が近づいてくるとどうしても避けては通れない場面に直面します。
愛する人とともに感じた季節の移ろいが美しければ美しいほど、「もう来年の今頃には彼はもうここにいない」と思う日が来るのがつらいものです。

関連記事:胸がちくりと痛むミリタリー用語 PCS - Inside the gate

米軍将兵との恋愛のビターな側面

USS Anzio staff visit HMS Cornwall

私の知人である泉さん(仮名)は、あと半年で日本を離れてしまうボーイフレンドにはっきりとこういったそうです。

「せいぜい日本を離れる3か月前には、私と今後どうしたいのかはっきり聞かせてほしい。私が傷つくだろうということでも、ちゃんと言ってほしい。私は大人だからなんとか乗り越えて行けるし、こっちにだって今後の身の振り方ってもんがあるから」

彼の次の駐屯地がどこであれ、泉さんが同行するには結婚するしか道はありません。彼の住む場所に合法的に暮らすということは、そういうことです。だけど彼が結婚は考えられないのであれば、彼女はこの先二人の関係が発展するのかどうかもわからないのに遠距離恋愛をするタイプの人ではありませんでした。
もう二人の関係には先がないのであれば、残された時間を二人で楽しみつつも「はい、次」と相手を見つけることも考えるべきです。日本を去ってしまったボーイフレンドに宙ぶらりんにされたまま歳をとるという選択肢は、泉さんにはありえませんでした。人生という名の長い航海は自分が舵をとるしかないのです。

Voyage

このPCSを節目に思い切って結婚するカップルもいますし、別離に至るカップルもいます。

ボーイフレンドの離日前から種蒔きを始める女性

彼女を笑う資格はない。だけど笑わずにはいられないこの計算高さとたくましさ、私は好きです。
将兵は次の駐屯地に関し、確か3つくらいまで希望が出せます。第一希望は横須賀に留まること 第二希望はハワイ 第三希望は・・・という風に。
ボーイフレンドの第一希望が通らずに、横須賀を離れることが決まってしまったフィリピン人女性・モニカさん(仮名)は、その知らせを聞いた当日にフェイスブックのアカウントを停止し、新たなアカウントを作りました。
要するにカバーフォトもプロフィールも彼とのラブラブの画像を使っているアカウントを停止して、シングルを装うために新たにアカウントを作ったということです。ちなみにボーイフレンドはあと4か月日本にいる、という状況で、ですよ(笑)。しかもそれを実行した日、彼女は泣きはらした目をしてクマもひどかった。
「さっさと次に行けるということは、彼と過ごした時間はその程度のものだったの?」と言いたくなる人もいるでしょう。その気持ちもわかりますが、プロポーズもしてこないのに「愛してるよ。(次の駐屯地に)遊びに来てね」というだけの男にこれ以上費やす時間は、30代の彼女にはないのです。女もタフに、現実的にならないといけない時はあります。

 

Depression: can impair decision-making

こうしてまた米兵漁りする生活に戻るわけですが、30歳を過ぎてどぶ板を飲み歩くとなると、もう一緒に飲み歩いてくれるのが自分よりもどんどん若い女の子だけになっちゃって、辛くなってくることでしょう。

お口直しにピュアなロマンスをどうぞ

あいのりがあほらしくなる本物のドラマ。奇跡は起きるのか。 - Inside the gate

 

関連記事

子供が人種差別用語を発したら・・・

私は雪深い田舎町で育ちました。いかにも成金趣味といった豪邸が建てば当然近所では話題になるような田舎町です。私が小学生の頃、我が家の近所にそういう豪邸家が建ちました。「こんな家を建てたのはいったいどんなことをしている人なんだろう」と人々は推測して楽しんでいました。

その家はその地域にあるパチンコ店のチェーンのオーナーが建てた家という噂が広まり、韓国あるいは北朝鮮系が所有者なのだろうということでした。

ある日夕食を食べながら私は母にこう言いました。

「あのね、あそこに建てられた大きな家、Sちゃんから聞いたけどチョンが建てたんだって」

洗い物をしていた母の動きがぴたっと止まり、私の方を振り返りました。母の表情は「信じられない」といった感じでした。

「Sちゃんがチョンって言ったの?まあ・・・あなた達くらいの子供が何も知らずに使うならしようがないけど、Sちゃんの親が、Sちゃんの前でチョンって言っているから彼女がその言葉を覚えちゃったのだとしたら、それはよくないね。あなたはもうその言葉を使ってはいけませんよ」

私はSちゃんがその言葉を使った時なんとも思いませんでした。だからこそ母は「今のうちに自分の子供にくらいは説明しておこう」と思ったのでしょう。

 


そういえば差別用語と言えば、自分自身も日本人なのに、日本国民を差別用語であるJapと呼んでいる人をツイッターで見かけたことがありますが、やはりろくでもない人でした。

関連記事:blackは本当に不適切なのか - Inside the gate

黒人女性の許されるデブとそうでないデブ 

まんまるのブラックビューティー達は美しいけれど、ボン、キュッ、ボン支持派の黒人ですらここ数年でだいぶ美しいとされる体型が変わってきています。昔に比べるとふた回りくらい細めがもてはやされるようになったんじゃないかな。
昔は多少ボン、ボン、ボンッ!でも許されたのに、今はキュッ!に対する要望が高まってきていると、私は思います。そして周囲の黒人男性達やSNSを覗いていると、許されるデブとそうでないデブがいることがわかります。

私が思う許される・愛されるデブ

f:id:usmilitarybase:20180109041143p:plain

この画像はLesego Legobaneさんで、 "ThickLeeYonce" として知られているプラスサイズモデルやフォトグラファーとして活躍している南アフリカ共和国の若い女性です。

ThickLeeYonceさんは、彼女の国ではどうかわかりませんが、アメリカだったら確実に許される、というか愛される、モテるデブです。

だってまず顔が可愛いでしょう?そしてウエスト(くびれ)がちゃんとある。

ThickLeeYonceさんは、同じ国の男性が彼女の画像を利用して「思い上がりもいいところだな」とつっこみたくなるようなツイートをした際、その男性がぐうの音も出ないリプライをたったの4語でしてしまったことで一躍有名になりました。

その男性のツイートがこれ。


「俺の好みの女とvs 好かれてしまう女」


これに対し、「好かれてしまう女」代表として画像を使われたThickLeeYonceさんは・・・・

 

「あんたなんか好きじゃないわよ」


いいねこのattitude!!!
なんと上記の簡潔且つ最強の伝説4語リプライはアリアナ・グランデにも「いいね」されました。

因みにこの元のツイートをした男性は赤っ恥をかいた後もアカウントを削除したりせずたくましくツイッターを続けています。すごいですね。

美味しそうなデブはやはり黒人女性の専売特許である

丸く育つ人種、四角くなってしまう人種 - Inside the gateという記事でも書いたけど、私達日本人女性がどんなに太ろうがThickLeeYonceさんのようにはならないのです。こういう風になっちゃう。


こういうのはまたそれなりに需要があるのでしょうけれど、黒人男性にウケるデブは違うと思うんですよね。日本人が重量級になるとどうしてもこういう風に「ガタイがいい」と言われる体型になってしまうのです。

画像や文章は以下のページから引用しました

www.buzzfeed.com

関連記事

(37)「言葉尻を捕らえる」って英語でなんていうの?

ウェブ上で発信している限り避けられないのが記事の主旨をとらえずに言葉尻を捕らえて絡んでくるやつらとの遭遇です。もうこれはどんなに自分が安全運転していても避けられない交通事故のようなもの。
以下がその一例です。

f:id:usmilitarybase:20171025041901j:plain

うっとりするようなスーツ姿は30代後半以降から - Inside the gateという記事についたコメント)

このcpという投稿者に対し、「こういう風に言葉尻を捕らえてくる人っているんだよねー」と言いたい場合(相手が女だと仮定し)はこういいます。

"She takes it out of the context."

She takes the word out of the context." でもいいです。

お門違いの使い方も間違えてるし、こういう人=日本語が通じない日本人に絡まれると本当に面倒くさいなって思います。

日本語の通じない日本人と話すよりも、外国人と話す時の方がストレスフリー

私は意思の疎通ができない日本人と話すよりは、日本語が完璧じゃなくてもいいから賢い外国人と話す方が楽だなぁと思います。