Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

「お客様は神様です」は米軍基地に来たら忘れましょう(2)

ベースの外=日本社会で働いているとお客様は神様ですから、どんなに失礼なことをされても、たとえそれがハラスメントと考えられるものであっても、従業員であるというだけでにこにこしなくてはなりません。例えばこんな感じ。

ベースで働くとこういうものからは解放されます♪それがベースで働く点のよいところでせす。例えば客が上記のじじぃのようなことを言ってきたら、完全にシカトしてokです。にこりともしなくてよい。逆にここまで言われているのににこりとしてたら、アメリカ人やフィリピン人の同僚達が見て驚くでしょうし、店員と客の関係性が彼らの国と日本では違うのだということを知ることになります。

店員と客の関係性について:【横須賀基地】日・米・比の三か国 みっともない客が一番多いのは - Inside the gate


とはいっても、ベース上ではこういうことを言われることはほとんどありません。
男性達は「女もイキがいい新鮮なのが、えぇもんのぉ〜グヘヘ 」なんて言ったら自分がどう見えるか/どうなるか皆よくわかっています。日本人男性もです。下ネタ等で絡んでくるのは酔っ払いくらいでしょう。だけどベース特有の面倒くささはあります。

#7439 hotdog stand
どこの国に逃げても、接客のストレスからは逃げられません - Inside the gate

この「日本は客だから何を言っても許される。従業員は顔で笑って心で泣く」という現実ですが、キャバクラなんてひどいなぁと思いますね。キャバ嬢の時給が高い理由がよくわかります。
若くて綺麗な女の子と楽しくお酒を飲むためにお金を払うというビジネスは理解できますが、お金を払っている側には、しつこく説教したり、彼女達の身体的なことを指摘したりしてキャバ嬢達の心を傷つけてすっきりする男も大勢います。そういう男性は病んでいるなぁと思うけど、多分本人達は気づいていない。
もしもアメリカ人男性が日本のキャバクラに行って同じようなことをするとしたら、それは本国で女性に相手にされないような人達ばかりです。まともな男性はそんなことをしません。
だけど日本だと一流企業に勤めていてしかも所帯持ちの男性がそういうことをしたりしますから、いびつなのは日本における客と従業員の関係性だけではなく、このキャバクラというビジネスそのものだと思います。男性が抱えているありとあらゆるネガティブなものが吐き出される空間であり、どす黒いものばかりを受け止めるトイレみたい。

アメリカではキャバクラというシステムはありませんが、日本人客向けのお店は存在します。表向きにはピアノバーとして運営されています。

渡米1年未満の駐在員必見!ニューヨークのキャバクラシステムと一番人気の店を紹介 | NYPG


この記事にも書かれていますが、キャバ嬢になることが目的ではなく、単に短期間で高収入が目当ての場合、下種な男達にemotional punching bagのように扱われても、ぐっと歯を食いしばって我慢できることでしょう・・・・。なんだか話が脱線してしまいましたね。

関連記事

外国人に自分の出身地を紹介する時はこうしています

ベース勤務時代、社交辞令でアメリカ人のお客様に出身地を聞かれることが多々ありました。私がどこの出身なのか、別にそんなに興味があるわけじゃないんだけど、スモールトークの流れでまあ聞いとくか、みたいなそんなノリで。
でも私の出身地=雪国の地味な県の名前なんて言ったところで、大都市じゃないからどうせ誰もわからない、というのが私の本音。
留学時代、千葉県や埼玉県出身の人達がアメリカ人にI'm fromTokyo.と言っているのを聞くたびに「おまえ嘘つくなよ」と思っていましたが、ベースで働くようになってその気持ちがわかるようになりました。

そこで思いついたのが、まずは地名を出さないということでした。言っても誰もわからなくてお互い気まずいから(苦笑)。その代り

  1. It's up in north and about two-hour bullet train ride from Tokyo.「北国で、東京から新幹線で〇時間」と説明する
  2. "We believe that we produce the best....." と名産品を嬉々として語る

と、だいたいどこらへんなのか地理的にイメージしやすく(悔しいけれどやはり東京を基準にするとイメージしやすい)、またその名産品が造りだされる土壌や気候が想像しやすいので、気まずい沈黙は避けられます。そこでようやく具体的な地名を出すようにしていました。出したところでやはりわからないんですけどね(笑)。

関連記事:「どこで英語を勉強したの?」とアメリカ人のお客さんに聞かれるとこう答えていました

同じ北国でも、アメリカ人が説明するとこうなる(笑)

私と同じように、アメリカでも寒い地方の出身の人のお話を聞いていると、自分もこんな風に面白おかしく故郷について紹介できたらいいなぁと思うことがあります。例えばニューハンプシャー州

北大西洋に面した極寒の地といえば、まず思い浮かべるのが「シーフードが美味しそう」。これはもちろん話題にのぼりましたが、ニューハンプシャー出身のこの男性はこういったのです。
「ニューハンプシャー州の厳しい冬の一番のご馳走はなんだかわかるかい?ニューハンプシャーといえばメープルシロップ。それをまだ(降ってきて間もない)きれいな雪で作った雪玉にかけて食べるんだ!子供の頃はよく食べていたけど、美味しかったぞー!」
私はその話を聞いているだけで、こんな光景を思い浮かべました。

College Woods

「訪れてみたい」と人に思わせることのできる話し方って、結局その土地への愛を伝えられる人の話し方ということなんだろうなぁと思いました。

関連記事

【ポストイット活用】英語で簡潔に話すための一人ブレスト

自分で言うのもなんなのですが、私は母国語ではかなり弁が立つ方です。
でも例えば英語でミーティングとなると、自分が話すことになっていることは箇条書きでいいので全体的な流れを頭に入れておかないと、だらだら長くしゃべるだけで「だから何?」と言われてしまいがちです。

アメリカ人の上司に職場でのトラブルを相談したい場合 - Inside the gateという記事でこのように書きました。

気をつける点

話を聞かされる側の気持ちになって、忙しい管理職の人達の貴重な時間に値する話し方を心がけましょう。

  1. Prepare for the meeting. (相談する前に話す要点をまとめておく)
  2. ・・・・・・・

これはミーティングに関しても同じことが言えます。特にネガティブなことについて話さなくてはならない場合は言葉の選び方にも気を遣います・・・。ですから一人ブレストは必須!です。
ポストイットを活用したブレストのやり方はとてもシンプルです。Flickrにもこんな風に画像があるくらいです。

_brainstorm_01

1.「これは絶対に話したい」と思いついたことを、ひとまずすべてポストイットに書きだしてみる

f:id:usmilitarybase:20171106184002j:plain

2.ポストイットを話したい順番に並べていく

f:id:usmilitarybase:20171106184050j:plain

3.並べ直す段階で「これは無駄」と思ったものは破棄し、すっきりと要約された状態にする

4.伝わりやすい英語に修正する

Brainstorming

 

伝わりやすい英語=文法的に正しい英語であることは最低限なのですが、それに加えてさらに「英語で考えた文章かどうか」ということの方が大切です。日本人がやりがちなのが、日本語特有のニュアンス語まで英訳してしまうということ。

ニュアンス英語関連記事:こうすれば"You speak good English."の一段階上の英語を話せるようになる - Inside the gate


ミーティングの参加者がインターナショナルで、公用語が英語ならばこのステップを省いて、みんながわかる英語でがつんと最初から言った方がわかりやすいです。「なんかよくわからないけど、日本語ではそういう一般的な表現があるんだろうな」と推測を強要される立場というのもなかなか疲れるものです。

ポストイットを活用した英語で簡潔に話すための一人ブレストは以上です。この4ステップを踏んでいくうちに頭の中で全体の流れがつかめてきて、ミーティングでもわかりやすく簡潔に話せるはずです。
とはいえ実際のミーティングでは話している途中で質問されたり横やりが入ったりして、スクリプト通りに行くわけないのですが、そういうところで柔軟に対応できる精神的な余裕が持てるのも、ブレストという準備があってこそ。スクリプトに縛られ過ぎないように、リラックスして臨みましょう。


関連記事

アジアン・ビューティー風メイクはもっと目元にパープルを取り入れてもよい(2)

そろそろホリデーパーティーシーズンですから、パーティーメイクはどうしようかな?とお考えのレディ達もたくさんいるでしょう。日頃は私服から浮いてしまうからできないような、ドレスアップした時くらいしかできない、ちょっと華やかなメイクやセクシーなメイクを楽しみたいですからね!
私は今シーズンのパーティーはスモーキーアイで行こうと思っています。

スモーキーアイメイクにおすすめのアイシャドーが、NARSの今年のクリスマスコフレの一つであるデュオアイシャドー#3911です。

f:id:usmilitarybase:20171110201206j:plain

スモーキーというと黒に走りたくなりますが、このパープル系のデュオだと黒ほどきつくならないし、ミステリアスな目元の演出にもおすすめ。

ベース代わりにつけるクリームシャドーで色味を調整

このデュオアイシャドー、思ったよりもパープルが出ないんですよね。左の色の上に右の色を絞め色として重ねると、商品説明にもあるようにチャコール系のグラデーションになります。あとで画像載せますね。
そこでパープルよりにしたかった私は、過去記事で紹介したパープルのシャドーペンシルをアイホール全体に薄く伸ばしてベースとして使いました。あるいはラベンダー系のクリームシャドウの上に重ねて寒色系のグラデーションすると、目元に透明感がでて瞳の色が際立ちます。だから若い子達はカラコンを入れて不自然な顔になるよりはこういうメイクをしてみるのもおすすめです。ばばぁでカラコン?そういう人達はもう不自然とか自然とか関係ないところにいらっしゃるでしょうからね・・・。

限定品のパッケージはMan Rayとのコラボ。

f:id:usmilitarybase:20171110201150j:plain


ベルベットシャドースティック #8267も秀逸。
限定品ではなく定番です。

f:id:usmilitarybase:20171110231522j:plain

今日紹介したデュオアイシャドーと既に持っているアイシャドーとの相性がよいので一緒に買いました。下瞼に使ってドラマティックアイにしてもケバくなりません。


関連記事

【ポストイット活用】メモをがっつり取っている暇がない速さで研修が進む場合



あなたが新人さんでメモを取りたいけれど、研修内容は盛りだくさんの上、限られた時間内で全項目を詰め込まなくてはならないため、メモをしっかりと取らせてもらえないほどの速さで研修が進むことってありますよね。そんな場合は細かい部分は後から補足することにして、重点のみポストイットにメモをしておくことをおすすめします。


用意するもの

1.ルーズリーフ 

f:id:usmilitarybase:20170605212138j:plain

あなたはきちんと罫線有派?それとものびのびフリースタイルの無地派?


2.ポストイット数色強粘着に限る)

3.バインダー

おすすめのサイズは持ち運びに便利なA5(148mmx210mm)です。

f:id:usmilitarybase:20151122140331j:plain

1.普通のノートではなくルーズリーフにする理由

ルーズリーフなら抜いたり差し込んだりし放題だから!
カテゴリ別にタブで仕切っておいて、メモを殴り書きしたポストイットが貼ってあるルーズリーフを、あとから該当カテゴリにどんどん放り込んでいけばいいだけ。
普通のノートだとこうは行きません。
「あ、これはあのページに書いたことに関連しているから、あのページの続きに書きたかったな・・・」と思っても、もうその続きのページが埋まっていたらどうしようもない。
そしてしようがないので、全然関係ない項目の次のページに書き足す→いざ自分のノートを読み返す時に、参照したいページが見つかりにくくなる。 だけどルーズリーフなら、同じカテゴリに属する情報が飛び地みたいにあちこちに散らばらず、最初にカテゴリ別にタブで仕切っておけば、あとからいくらでも該当カテゴリのところに追加できます。
カテゴリーはある程度ノートが溜まってから作るのがおすすめ!

「あ、このカテゴリー、別に要らないよね」という無駄なカテゴリーを作ってしまってタブを無駄にしなくて済むからです。

2.ポストイット-なぜ強粘着?なぜ色分け?

強粘着をお勧めする理由は、PCに貼れるようにするためです。例えばあなたが社内端末の操作方法について研修を受けているとします。こういう操作って覚えてしまえば楽なのでしょうけれど、慣れるまでが大変ですよね。
ですからその操作のメニュー別(業務別)に色を分けておいて(例:解約→黄色、更新→ピンク、新規→水色 など)研修を聞きながら要点のみをポストイットに書いておいてどんどんPCのモニターの周りに貼っていくのです。
要点のみならば、研修を聞きながらささっと書き留めることは可能ですよね。 そして後からルーズリーフに、色分けしたのと同じようにカテゴリ別(=メニュー別)にまとめていくだけ。

f:id:usmilitarybase:20171106154551j:plain

上のポストイットは業務別に色分けしてありますので、それを色別に貼りかえます。

f:id:usmilitarybase:20170726205703j:plain

こうすると一時的に業務別に情報をまとめておくことができます。

f:id:usmilitarybase:20170726205714j:plain

最終的にはルーズリーフに書き写した順にどんどんポストイットを捨てて、ルーズリーフをすっきりさせます。

◆バインダー用のファスナー付きホルダーは色々放り込めて便利です

Amazon | マルマン A5 ファスナー付ホルダー リーフ 20穴 L821 | 文房具・オフィス用品 | 文房具・オフィス用品

ルーズリーフ50枚分のメモよりも50mlの脇汗

研修を終えて一人立ちしてみると、どんなにわかりやすくまとめたノートよりも、一つのミスから学ぶことの方が大きいし、仕事が身につくのも早いということに気がつくと思います。 打ちひしがれて、痛い思いをして・・・ね。できることならしたくない思いですけど、冷や汗をかかなきゃ覚えない、学習できないことってたくさんあります。
上司のクビまで飛ぶような取り返しのつかないミスはまずいけど、ミスを恐れず、もししでかしてしまったら言い訳をせず指導をきちんと受け止めて、そのミスを取り返すくらいの仕事ができる人間になる努力をしましょう。

ポストイット関連記事

アメリカ人が興味を持った日本特有のもの

来日したてのアメリカ人に街を案内していると、こちらが「こういうものを撮影してソーシャルメディアでシェアしたがるんだろうな」と思うものと、実際に彼らが目を輝かせて撮影するものにギャップがあると感じます。
先日アメリカ人数人と出かけた時の様子を例にとってみます。

例)「こういうものを撮影したがるんだろうな」と日本人である私が考えたもの

横浜に住んでいる人ならわかると思うのですが、夕暮れ時~夜の大岡川沿いってすごくいい雰囲気なのです。

f:id:usmilitarybase:20171103171651j:plain

(関連記事:古きよき横濱とみなとみらいの対比が好きです - Inside the gate

かつては外国人娼婦達が立ち直引きをしていたこの川沿いですが、10年以上前に警察によって浄化され、その後はお洒落な飲食店も現れて現在は独特の雰囲気を醸し出しています。
また川沿いには多くの桜の木が並び「満員の通勤電車から花見ができる」という、自分自身に対しなんともまぁ悲しい慰め方をしていた頃もあったなぁと思い出しました。
こういう情緒あるエリアを撮影したいだろうなぁと私は思っていたし、もちろん彼らは撮影していましたが、一番反応が大きかったのがこれ。

 

例)実際にアメリカ人達が興味を持ち、喜んで撮影していたもの(1)

それは漫画喫茶

f:id:usmilitarybase:20171026131209j:plain

「これは日本だからビジネスとして成り立つ」と言って面白がって撮影していました。

アメリカ人男性:「洗濯もできてシャワールームもあって、しかも個室でインターネットができるし爆睡してもよし。食事もできてこの料金」

アメリカ人女性:「同じ形態のビジネスをアメリカでやろうとしたら、そのお店は1週間もてばいいほうね」

アメリカ人男性:「俺もそう思う。1週間が限度」

なぜ1週間が限度かわかりますよね(笑)。
ドラッグディーラー、客を引き連れた売春婦達が常連客になってしまって店はあっという間にめちゃくちゃにされ、利益が出ないからです。
ちなみに三笠通商店街のマンボーは「朝まで時間をつぶせて便利」という理由から、門限までにゲートに戻れなかった兵士達に好評です。

あと他にはかに道楽のシンボルであるあの大きな動く蟹も撮影していました。

例)実際にアメリカ人達が興味を持ち、喜んで撮影していたもの(2)

DVD鑑賞ができるスペースも彼らにとっては謎だそうです。

f:id:usmilitarybase:20171103175804j:plain

 

「なぜDVDを自宅で鑑賞しないのか?」

「多分鑑賞といってもポルノなんじゃないの。自宅だと自慰行為ができないからこういうところでするんだよ」

「自宅ならちゃんとプライバシーがあるだろう」

「奥さんがいるから難しいの」

「妻帯者もこういうところにくるのか!でも妻がいるなら金払ってスペース借りてまで自慰行為に及ばなくてもいいだろう(妻とすればいい)」

「レスになる夫婦が多いんだよ」

(青いフォントはアメリカ人男性、ピンクは私)

アメリカ人の夫婦にもレスになる人達は大勢いますが、さすがに処理方法としてDVD鑑賞スペースに行くということは選択肢に入らないのでしょう。
アメリカ人が興味は持たなかったものの、「日本のここが不思議」と思ったことについてはまた他の機会に記事にします。

関連記事:日本のこのエチケット関連商品がすごい - Inside the gate

 

このユニフォームを着る限り、自己管理も仕事のうち(2)

こういう写真を見ると、体型カバーをしてくれる洋服を選ぶことってつくづく無意味だなと思います。

結局そういう服を着ている時点で「うまくカバーしてます」というのが出ちゃって太って老けて見えるし、ベルトの上に乗っかる肉のない引き締まったお腹はもうそれだけでアクセサリーになります。

このユニフォームが似合う体を作るための節制

40代以上でも比較的いい体をしている人達を見ると、やはり口に入れるものをうまくコントロールしているのだろうと思います。あれもだめ、これもだめ、なのではなく、例えば赤みのお肉であれば「安くてお腹いっぱいになれる赤鬼に行こう!」じゃなくて、多少高くてもいいからなるべく新鮮なよいお肉を適量楽しむ(退役してから4キロ太り、なんとかすぐに戻したうちの夫はこのタイプでした)。
やはり「ユニフォームの似合う体だった自分」を体が覚えているから、ぶくぶく太る前にこのままじゃやばいという自動調整機能みたいなものが働くのでしょう。それから夫はお散歩していると、見るからに自分の体重<耐重量に見える頑丈なものがちょうどいい間隔で設置されているのを見つけては、簡単なエクササイズを始めます。
その物体の上に手をついて腕と肩の力を使って自分の体を引き上げ、その状態でツイストしたり、体を上下させたり、脚をそろえて前後に動かしたり。私も一緒にやってみるのですが、自分の体重が自分の肩に対しあまりにも負担が大きすぎることを身をもって知ってしまったため、あまり多くの回数はこなせません。

ちなみにオーバーウェイトの問題を抱える将兵が一番多いのは:

  1. アーミー
  2. ネイビー
  3. エアフォース
  4. マリーン

の順だそうです。夫の話なのでどこまで本当かはわかりません。マリーンは太っている暇がないほど訓練が厳しいからこの位置にいるのはわかるとして、アーミーが一位というのが意外でした。


関連記事:このユニフォームを着る限り、自己管理も仕事のうち - Inside the gate