Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

ベースの日本人村の厄介なところ 謎ルールと英語力

ベースで実際に働いて感じたことなのですが、アメリカ人やフィリピン人にも色々あるとはいえ、日本人特有の面倒臭さと陰湿さってあるんですよね。だからせっかく「日本の中のアメリカ」で働こうと思ってきたのに、じめじめした日本人村に入ってしまって苦しみたくないものですが、その日本人村の煩わしいところを言語化できずにいた私がようやく答えにたどり着きました。

謎ルール

その答えが謎ルール by ホリエモン。彼の大学生時代のバイトの経験を通じてお話しています。

05:20あたりからその謎ルールについて聞けるのですが、要約すると「どう考えても合理的じゃないルール」のこと。
「え?なんでそんなことするの?紙も労力も時間も無駄じゃない?もっと効率的なやり方があるのに」
ええ、あるんですよ!だけどどう考えても合理的ではないルールを貫く。それが謎ルール。これ、アメリカ人従業員達から見るとほんっと謎らしいです。フィリピン人も日本人に比べたらかなり合理的だけど、彼らは彼らでまた面倒くさい。
ルールを廃止あるいは改正すれば皆の仕事も楽になるし、楽になれば他のプロジェクトにその力を投入することができる。だけどあえてその謎ルールを維持しながら皆で不要な苦労をするやり方を選び、残業をする。定時で帰ると白い目で見られる(かつて私も日系企業で働いていた頃は白い目で見られました→日本を代表するような大企業で働いて驚いたこと - Inside the gate)。
そして堀江さんはこの謎ルール簡単に破ってしまった。バイト先のおっさんはキレたけど喧嘩両成敗で、堀江さんもおっさんも先生に叱られて、それ以来おっさんは堀江さんにからんでこなくなったのです。
私は「とりあえずキレろ!」と提案しているわけではありませんし(ただし普段穏やかな人がキレると問題の深刻さは伝わりやすいと思う)、やはりどの国の人間と働こうと長い物には巻かれていた方が仕事がやりやすいというのはあります。でもやはり最初が肝心だなと私は思いました。そしてこの謎ルールを横須賀基地にあてはめてみると、それを押し付けてくるエクセレントなブロークンイングリッシュを駆使する古参従業員がやりがちなんですよね。シンプルなことをあえて複雑にして処理方法を必要以上に煩雑にすることで、新しく入ってきた人を抑えつけることができるから。

処理方法が煩雑であれば、自分がちゃんと教えないと新人はなかなか覚えられませんよね?そうやってなかなか覚えられない状態にして、自分がいつまでたっても優位に立っていたいんじゃないかな。特に事務処理は他のところにいったら全く役に立たない細かいルールがたくさんありますから「え?そんなこともわからないの?もう何度も教えてるよね?」と一度も教えていないことに対しても平気で言ってくる人もいます。
だけどそんなことはベースに限ったことではなく、ベースの外でも同じような謎ルールが根強く残る企業はたくさんある、と思われたでしょう。だけどベースだとやや事情が異なってくるのは、英語力という諸刃の剣が大きく関わってくるから。

英語力は諸刃の剣

ベースで働くには英語力が必要だと思われがちです。確かに職務によっては「ネイティブスピーカーにやらせてほうがいいよね」と思うようなレベルの英語力を求められるものもありますが、実は横須賀基地の事務職はあまり英語ができすぎても、自分の首を絞めてしまいます。例えばコマンドヒル(下の画像。幹部の多くがここで働いているため同じ事務職でもステイタスは高め。ただし給与は等級と勤続年数できまるためコマンドヒルだから他の事務職よりも高くなるということはない)にある某部署の事務職に就いた女性を知っていますが、彼女はそれほど英語は話せません。

f:id:usmilitarybase:20150419064014j:plain

話せない人から見たら「なんかすごいことを話していそう」に聞こえる英語を話す日本人の典型的な英語というのでしょうか。でもその程度でもコマンドヒルで働けるのは、横須賀基地はコネがものをいうから。>>在日米軍基地 とりあえずもぐりこめば希望の職種に就けるのか? - Inside the gate

もちろん(特にコマンドヒルは)自然な英語を話せる日本人従業員もいますが、「文法的にはあっているけど、ネイティブスピーカーが聞いてもなんだかよくわからない不自然な英語」しか話せない人達が集まっているところに、脳内での日→英への変換というプロセスをスキップして、英→英でアウトプットできる人(英語で話す時は英語で考えることができる人)が入ってきたら、やはり他の日本人達は面白くないし、煙たがられますよね。しかも英→英でアウトプットできる人が合理的に考える人だったりすると、謎ルールを疑問に思うでしょう。そこで古参の従業員達が頑なに守り続ける謎ルールをばかばかしいと思いつつ従うふりができれば日本人村の村民達に狙われませんが、ホリエモンのように「おかしいものはおかしい」とはっきり言ってしまう新人は確実に狙われます。英語が流ちょうならばなおさらのことです。
ただし一旦MLCとして採用されてしまえば雇用は、村民達の民意で一MLCを解雇することなどできませんから、何を言われても右から左へと聞き流していればよいのです。

素晴らしい出会いもある横須賀基地ですが、やはり村民達とのつきあいは時に心が削られるものです。だけど仕事中の人間関係の煩わしさはお給料という我慢代をもらえば忘れられますし、人間関係なんてどこに行ってもある程度大変ですから、少し何か言われたくらいで気にしていないでストレス耐性を鍛えたほうが自分のためです。


【横須賀基地で現在働いている方々へ】
「うちのコマンドにはこんな謎ルールがあります!」というコメントお待ちしております。尚、コメントを投稿される際は個人の特定(投稿者ご本人、あるいは職場の同僚、上司など)につながる記述は控えられるようお願いいたします。非公開をご希望の方はその旨をお書きくださるようお願いいたします。

10年以上前に起きた日本人従業員達によるいじめ

神戸市の東須磨小学校の教員がいじめによって追い詰められて精神を病み、体を壊して休職するに至ってしまった事件。大人になってまでこんな愚かなことをする人間がいるんだな、と改めて思った人も多いでしょう。
横須賀基地でもかつてある従業員が仕事中に倒れてしまうほどのいじめがあったそうです。ただこの話は実際にいじめがあったコマンドで働いていた人から直接聞いたわけではなく、そこで働いていた人の知人から聞いたため尾ひれがついてしまっている可能性もありますので、この先を読まれる場合はそれを前提で読むようにしてください。
そのいじめの現場は横須賀基地の中でも大きなコマンドで、現在はCNRJの一部になっているかと思うのですが、当時オフベースで働いていた私も偶然仕事で関わっていたコマンドでもあります。その中でも色々部署があって、いじめがあったのはおそらく事務職のうちの一つでしょう。
ある日そこでいじめを受けていた人が仕事中に倒れてしまいました。いじめから心を病み、そこから自律神経をやられてしまったのだと思います。その人がそこまで追いつめられるようになるまで何人の従業員が関わっていたのかまでは知りませんが、主犯格のような存在が二人いて、そのうち一人はすぐにトランスファーされ(やはり解雇はされないんですよね)、もう一人は自宅で謹慎していましたがその間お給料の7割は出ていたそうです。この謹慎させられていた従業員がその後どうなったのかまでは聞きませんでした。
現在の横須賀基地では、もうここまでひどいいじめはないものだろうと思いたいものですが、まだまだ色々ありそうですね。

関連記事:「ベースの中の日本人村はどこだ?」に正解者が出ました - Inside the gate

Felicity Huffmanが演じた名シーンを振り返る

娘のSATのスコアを高く操作するよう、関係者に賄賂を渡していたことが発覚し短期間の懲役とコミュニティーサービスを課せられたFelicity Huffmanという女優が話題になっていますが、彼女は私が好きだった「デスパレートな妻達」の主役4人のうちの一人であるリネット役を演じていた素晴らしい女優です。

(左から二人目のブロンドがFelicity)

今日は彼女が演じた数多くのシーンの中でも私が好きなシーンをご紹介します。すべて字幕なしです。

【シーン1】息子ポーターが通う高校の女子トイレでポーターの同級生の母親を引っぱたくシーン

youtu.be

ポーター、実は同級生の母親であるアナと肉体関係を持っていて、そのことをリネットは既に知っていたのです。アナがトイレに入っていくと、そこには偶然リネットがいました。リネットが知っていることに気づいていないアナはぬけぬけと雑談をはじめ「ご家族は元気?」などと聞いてしまうのです。そのひとことでリネットブチ切れる!

【シーン2】アナの自宅にて。「あなたは本当にポーターの子供を妊娠しているの?」と問い詰めるところから始まるシーン。

youtu.be

アナの無神経な発言がリネットを挑発し、言い争いに発展。そしてなんとそれはすべてアナの暴力夫に聞かれていた・・・・。アナと話す必要があるから帰ってくれないかな?というアナの夫。自業自得よね、と一度はアナを見捨てて帰るも、やはり放っておけなくて・・・・。

【シーン3】別居中の夫のガールフレンドを偵察に行くシーン。

youtu.be
リネットは別居中の夫トムがエアロビクスのインストラクター、クロエとつきあっていると誤解していました(実際につきあっていたのはクロエの母)。レッスンが終わった後クロエに近寄り個人的に話すチャンスを得たリネット。
クロエは若いけど既に3つのキャリアを築き、そのうちの一つが下着モデルでした。
「下着モデルはキャリアというより趣味かな。(形のよい大きな胸を触りながら)神様がせっかくこれを与えてくれたのだから」という彼女にリネットが「本当に神様にもらったのかしら~?」と突っ込むシーン、最高!

アマゾンプライムビデオ デスパレートな妻達 シーズン1(字幕版)

「デスパレートな妻たち」関連記事

レーガンが出港しました

8月下旬に一時的に帰港していたレーガンが土曜日に出港しました。ということは出港前夜の金曜日のHonchは・・・・

f:id:usmilitarybase:20190915001312j:plain

 はい、大騒ぎ。あら~今日は車両通行止め?と思うくらいセイラー達であふれかえり、今日はMA(Master At Arms=米海軍のセキュリティ)の人達大変だろうな・・・と思っていたところ、日本の警察官達まで出動していることに気が付きました。

f:id:usmilitarybase:20190915001324j:plain

この通りを歩いていると、客層が一番いいのが画像には映っていませんがGreen Standかなと感じます。まあそれはよいとして、出港前の最後の自由を謳歌しすぎて留置場行になって翌朝皆と一緒に出港させてもらえないセイラーが一人もいなかったことを祈ります。毎回何かしらあるらしいですからね。
これからしばらくATMの前にできる列も短くなります・・・。静かな横須賀基地。

関連記事

 

メンヘラで済ませてはいけない人

「あの人やばくない?」といってなんでも病名をつけて、あの人は〇〇だからこういう風に接しなくちゃねと周囲が決めつけてしまうのも危ないことですが、できることならば何かしらの疾患があるという診断を受けて障害年金をもらいながら暮らした方が幸せなのではないかと思ったアメリカ人がいます。当ブログにも何度か登場しているメンヘラDさんです。
かつてDさんと一緒に働いていたのですが、当時のイケメン上司・ライアンが「マリア、僕が君にこんなことを聞いたって誰にも言わないでほしいんだけど・・・君はDが幼い頃に負傷して脳に障害があるとかそういう話を聞いたことがある?」と聞いてきたくらいです。

今まで見ていて謎に思ったDさんの行動

  1. ダイニングバーなどで「特製ミートソーススパゲティです」と出されると、それを運んできたバーテンダーが自分に気があるからソースが「特製」なのだと何の疑いもなく思いこむ
  2. 前の勤務場所で一緒に働いた、勤務態度に多くの問題があった元同僚の悪口を散々言っておきながら「でね、彼女がここで働きたいって言っているから空席が出たら連絡しようと思ってる。うちのマネジメントは彼女を優先的に採用してくれるかしら?」と言い出す。そんなやつと働かされたら私達がどれだけ迷惑するかということは想像すらしない。
  3. (お洒落なイタリアンレストランで)パスタを食べ終えた後、賜杯を持ち上げる力士のように器を持ち上げてスープを飲み干す。肉料理を食べていて口に合わなければ食器に直接吐き出す。同席している人間達があっけにとられていると「ああ、私の食べ方?tomboyなの♪」とぶちかます。それをtomboyで済ませてかわいこぶって許されるのはせいぜい5歳くらいまでではないのか
  4. 「放送局ですか?」というくらい話し続けるため、こちらがうんざりしてしまいそれを表情に出していたら、私の機嫌を伺うように「あ、また喋りすぎちゃった。疲れた?」と聞いてくるのではっきりと「うん」というと、Dさんはこう言った。
    「私は確かに喋りすぎるけど、それを相手しきれないのはあなたの問題だから。私がこれだけ喋っても平気な人だっているの」
  5. ある同僚が実はバツイチだと話し始めた。どうして離婚に至ったのかも。すると「よかった~私は誠実な結婚と男性できて♪」と上からさっと自分の話をかぶせてきた。その夜3000字くらいの謝罪文をバツイチの同僚にメッセンジャーで送付。
  6. 仕事中、男性客が一人で食事をしているテーブルにぴったりくっついて30分ほど離れなかった。男性が食事を終えて立ち去ると自分の持ち場に戻ってきて「家庭の問題で悩んでいたんだけど、あのお客さんから最高のアドバイスをもらっちゃった!」というので「いい友達をもったんだね」というと「え?友達じゃないわ。今日初めて会ったの」という。初めて会った人にも延々と自分の家族の問題を話すことを何とも思わない垂れ流し魔。その人はゆっくりと食事をしたいだろうとか、そういうことには思いを巡らせない。「あなたはここで働いているのだから、お客さんの食事の邪魔はするべきではないと思う。あの人はお金を払っているんだよ」というと「でもそんなに嫌そうな顔をしていなかったから、私の話を楽しんでくれているのだと思った」と言われた。
  7. アメリカ人の同僚達に「Dが男性を紹介してくれって言うんだけど、Dの相手ができそうな人知ってる?」と聞いたところ「海軍病院の精神科医くらいだろうな」と言われた。
  8. 「私は知的なんだけど、ちょっとぬけているだけ」とよく口にする。

    f:id:usmilitarybase:20190901221844j:plain
  9. しょっちゅうこういう引用をフェイスブックでシェアしている。要するに「私を持て余すような人達は、私には必要ないってこと」と無駄に前向き。
  10. 名器自慢が絶えない

他にも色々ありますが思い出し次第追加します。こんなわけでDさんは面接の印象がよいため採用こそされるものの、すぐにボロが出てしまうため一つの職場で長続きしません。採用した側の「まさかこんな人だと思わなかった!」という気持ちは想像できます。

軽度の知的・発達・精神障害の人たちは、社会生活でうまくいかない場合があるほか、就職を望んでもなかなか採用されないこと、働いても長続きしないことがあります。これは能力の個人差に加え、産業構造の変化も関係しています。単純労働や職人的な仕事が減り、求人の多くがコミュニケーションや複雑な判断を要する仕事になってきたからです。貧困と生活保護(42) 見過ごされている知的・発達・精神の障害 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)から引用)

コミュニケーションは本人はうまく取れていると思っても、周りはそうは思っていないDさんですから、上司から皿洗い等単純労働への異動をやんわりと勧められた時もハラスメントだと思ったようです。横須賀基地の中では公務員として働いているわけですから、法に触れたりするといったようなことをしない限り解雇はされませんが、業務に深刻な支障があれば異動させられます。だけどどこに流されてもまた同じ問題にぶつかってDさんが苦しむのは目に見えているので、もういっそのこと知的障害があるかどうか診断してもらってアメリカに帰って障害年金で暮らした方が幸せなのではないかと思います。

www.webmd.com


Dさん登場記事

insidethegate.hatenablog.com

insidethegate.hatenablog.com