Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

「あの人は日本が嫌い」と決めつける日本人達に欠けているもの

ツイッターをやっていると「これをどう読んだらそう解釈できるんですか????日本語わかりますか?!」と頭がスピンしてしまう時がありますが、横須賀基地にはそういう日本人従業員が大勢いました。
接客業に就いていた時も、事務職にトランスファーしてからも・・・。
情報リテラシーがないとか、ちょっと考えればわかりそうなこともわからない人達については情報が交錯するベースでガセネタを広めるいい加減な人達 - Inside the gateという記事で書きましたが、今回は少し違います。

 

筆者が日本人従業員やミリ妻と話していて感じることの一つに、外国人の立場になって考えてみる力の欠如が挙げられます。
例えばさおりさんという女性がブライアンさんのことをこう言いました(両方とも仮名ですが、実際にあった話です)。
「ブライアンは日本が嫌いなの。『すごくいい国だと思うけど、オフィサーとしてのキャリアを築くためにはずっと日本にとどまっているわけにはいかない』っていうの」

どうしてこれが=日本が嫌い、と解釈されてしまうのか私にはわかりません。
米軍将兵達にとって、日本はキャリア形成における通過点の一つでしかないのです。そこまで理解してないと、ブライアンさんのような大人の男性とは会話が成り立たないでしょう。

Japan


考えてみてください。もしもあなたがラオスに1年赴任して「ラオスは美しい国だけど、そろそろ日本に帰って(あるいは他の国へ行って)、XXの経験を積まないとね」と言って、ラオス人が「あなたはラオスが嫌いなのか!」と言ってきたら、どうしてそういう話になるの?!と思いませんか?だけどこのラオス人のようなミリ妻も日本人従業員も、残念ながらかなりいます。おそらく世界中どの国に売られている世界地図上でも、日本が真ん中だと信じて疑わない人々。
おそらくさおりさんにとって、日本が好きな外国人というのは、日の丸の鉢巻をして、回転ずしの楽しさを熱く語って常に「日本最高!」と言ってくれる、人生が日本を中心に回るようなマニアのことを指すのでしょう。筆者はむしろ日本の闇の部分も理解しようとして、そのことについてオープンに話せる外国人の方が信頼できます。
さおりさんのような人も大勢いますので、「あのアメリカ人は日本が嫌い」という話は、3割くらい聞いて7割は聞き流すくらいでよいと思います。時々本当に日本のすべてが気持ち悪くて嫌、という人もいますけどね。

 

 関連記事